割り勘アプリ paymo 公開ーー個人間送金ではない方法でスマホでの割り勘を実現

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2017.1.19

昨年11月に公開を予告していた割り勘アプリ「paymo」が今日、ローンチの日を迎えた。運営元の AnyPay が都内で発表会を開催した。

paymo は個人間での請求や支払いができるいわゆる「割り勘アプリ」。グループで飲食した際のお勘定を相手の口座情報を知ることなくスマートフォンアプリ経由で精算することができる。利用にはお互いが paymo を利用していることが必要で、ダウンロードやアカウント作成は無料。iOS と Android に対応している。

具体的な使い方をもう少し詳しく見てみよう。

まず利用者は請求側と支払側のいずれかを選択する。請求側は支払い金額やコメントなどを入力して請求情報を作成し、相手を選んで送信する。この際、割り勘への支払いであるということを明示するため、必ずレシートを登録する必要がある。相手先がアプリを持っていない場合はURL や QR コードで通知することもできる。

支払い側は請求に対して登録しているクレジットカード、paymo 内に溜まっている残金、ポイントなどで支払うことになる。使えるクレジットカードは Visa と Master になる。支払われたお金は登録している銀行口座から引き出すことになる。AnyPay 同様、決裁にかかる手数料は無料となっている。同社ではリリース1年以内での700万ダウンロードを目標としている。

なお、paymo はあくまで特定の個人に発生した債務(レストランなどで食事をした際のレシートが証明書となる)への支払いサービスということで個人間送金には該当しない、という説明だった。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------