カードレスオンライン決済「Paidy」提供のExCo、三菱東京UFJ銀行と資本業務提携

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.7.16

カードレスのオンライン決済サービス「Paidy」を提供するエクスチェンジコーポレーション(ExCo)は14日、三菱東京UFJ銀行と資本業務提携したことを発表した。この提携を通じた調達金額については明らかにされていない。ExCo はこれまでに、2014年に実施したシリーズAラウンドで330万ドル、2015年に実施したシリーズAラウンドの追加調達で500万ドル、2016年に実施したシリーズBラウンドで1,500万ドルを調達している。

ExCo は、メリルリンチやゴールドマンサックスなどで業務経験のある Russell Cummer 氏らの手により2009年2008年に設立。P2P 金融(ソーシャルレンディング)サービスの「AQUSH(アクシュ)」で事業を始め、2014年に Paidy をローンチした。Paidy の現在のユーザ数は75万人。

Paidy はクレジットカードが無くても、ケータイのショートメールサービス(SMS)や自動音声による認証コード発行で本人確認が実施され、オンライン購入実施後に、コンビニエンスストアや銀行振込で事後支払できるしくみだ。オンライン事業者にとってはクレジットカードを保持していない消費者を顧客として取り込める上、実際に資金移動は受注時に Paidy からの入金が確定するため売掛リスクが生じない。顧客にとっては、商品が届いてから入金ができるという点で E コマースにおいても安心感が得られる。

今回の提携を通じて、直近では、Paidy は三菱 UFJ ファクターの口座振替サービスを利用することにより、前出のコンビニエンスストアや銀行振込に加え、口座振替による支払手段の提供を8月1日から開始する。定期購入やサブスクリプション型のサービスの料金支払の利便性が格段に向上する形だ。また、コンビニエンスストアでの収納代行についても、三菱 UFJ ニコスと DeNA が共同出資する決済代行サービス会社ペイジェントのしくみを使ったものに移行する。

また、Paidy は既に一括払に加え分割払サービスに対応しているが、今後、三菱東京 UFJ 銀行が属する MUFG(三菱 UFJ フィナンシャルグループ)傘下のアコムと、商品購入にまつわるローンサービスでの協業を検討中としている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------