朝日新聞社CVCが「朝日メディアアクセラレータープログラム」始動、最大10社のスタートアップを支援

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.11.7

d27319-8-422910-1.jpg

朝日新聞社のコーポレートベンチャーキャピタルである朝日メディアラボベンチャーズは11月2日、スタートアップ支援を目的とした「朝日メディアアクセラレータープログラム」の開始を発表した。同日よりプログラム応募者の選考が実施され、11月23日より実際のプログラムが始まる。

同プログラムは過去3回にわたり実施されてきた「朝日新聞アクセラレータープログラム」を引き継いだ形で運営される。前回までのプログラムで採択された企業16社のうち10社は事業会社およびベンチャーキャピタルから資金調達を実施する成果を見せた。(朝日新聞社が引受先となった10社を含む)

約3カ月間にわたり、専門家からのアドバイスや関連・協力企業による支援を受けることができる同プログラム。修了後にはDemodayによる成果発表の場や朝日メディアグループファンドからの出資検討の機会なども提供される。

今後は応募者の中から書類や面談による審査により5〜10社が採択され、プログラム開始へと進行していく。応募条件は設立数年以内のシードからアーリーステージのスタートアップ。事業領域に関しては問われないがベンチャーキャピタルからの資金調達を目指す企業が対象で11月12日までの募集締め切りまでの応募が必須だ。

Source:PRTIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------