飼育係、仮想通貨の確定申告用計算ツール「Coin Tool」をリリースへ——CAMPFIREでクラウドファンディングを開始

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2018.1.12

東京を拠点とする飼育係は11日、税理士監修による仮想通貨の確定申告用計算 web サービス「Coin Tool(コインツール)」を2月8日にリリースすると明らかにした。同社はリリースに先立ち、CAMPFIRE 上で目標額30万円のクラウドファンディングがスタートさせている。クラウドファンディング支援者に対して先行リリース後、30%割引の料金体系でのサービスが提供される見込み。

2017年12月に国税庁が開示した「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」によると、仮想通貨による所得が20万円を超える者は確定申告が求められる。しかし、取引所ごとに取引履歴のフォーマットが異なっていたり、仮想通貨の売買・交換・商品購入への利用・分裂など課税対象取引が多かったり、損益を計算するのは作業が煩雑で解釈にも難しい判断が伴う。

Coin Tool は仮想通貨税務に詳しい税理士の岡友紀氏が監修しており、利用期間中は税理士や飼育係のスタッフによるメールサポートが提供される。Coincheck、Zaif、bitFlyer、bitbank の国内4取引所のほか、海外の Binnance(幣安)、Poloniex、Bittrex、Kraken などのフォーマットにも順次対応予定。また今後、仮想通貨に関する情報メディアや取引所 API を使った機能を追加開発するという。

飼育係は2017年8月の設立。昨年12月には渋谷にハリネズミのいる「ちくちく CAFE」をオープンしているが、今後 Coin Tool を主体事業とする新会社「CTOOL」を設立し、Coin Tool の事業運営は飼育係から新会社に引き継がれる予定だ。

同じく11日には、会計 SaaS 大手 freee も、仮想通貨に対応した確定申告機能を2月に提供開始予定であることを発表した。Aerial Partners は昨年12月、仮想通貨に特化した税理士紹介・記帳代行サービス「Guardian」をリリースしている。

via PR Times

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------