コードを書かずにデザイン本位のWebサイトが作れる「STUDIO」、1年間のβ運用を経て正式版をローンチ——自ドメインでのサイト公開も可能に

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.4.2

東京に拠点を置くスタートアップ STUDIO は2日、クラウドベースの Web サイト作成ツール「STUDIO」を正式ローンチした。同社は昨年4月にβ版を公開しており、約1年間を経ての正式版の公開となる。

STUDIO は、以前、個人旅行ツアープラットフォーム Travee を共同創業した石井穰氏と(Travee はその後、旅行大手エイチ・アイ・エスに事業譲渡)、UI/UX 設計やアプリ開発を手がけたオハコの取締役を務めた甲斐啓真氏(オハコは後に、インターネット総合サービスのココンによりグループ会社化)らにより創業。

サービスステップ
(クリックして拡大)

STUDIO は、HTML や CSS のコーディングスキルが全くなくても、ドラッグアンドドロップによるデザイン本位の操作だけで Web サイトを作成できるクラウドサービスだ。この種のツールにありがちな、コードのエクスポートや Web サーバへのアップロードといった作業は必要なく、デザイナーがクラウド上でデザインした Web サイトをそのまま一般公開できる簡単さが最大の特徴だ。

STUDIO の共同創業者で CPO を務める甲斐氏によれば、簡単な操作で Web サイトがデザインできるという点では、ペライチWIXSquareSpace なども部分的には競合になり得るが、とりあえず Web サイトが欲しい個人ユーザや小規模企業よりは、デザインを専業としている(しかし、コーディングスキルを持った人がいない)事業者をターゲットにしている点で、「簡単さをプロの世界に持ってくる」という差別化が功を奏しているようだ。競合の中でも最も STUDIO が意識しているのは Webflow のようだが、機能数が少ない割には操作が難しいため、これを上回る UX/UI を実現するところに当面の目標を置くようだ。

βローンチからのユーザ数推移。海外ユーザが6割を占める。
(クリックして拡大)

昨年8月、STUDIO は Product Hunt で「#1 Product of the Day」を獲得し、ここからユーザ数を大幅に伸ばすことに成功した。現在のユーザ数は1万8,000人を超えており、海外ユーザが全ユーザの6割というグローバルでの認知度向上にも成功している珍しいスタートアップである。ターゲットを小規模な Web サイト制作会社に定めたことで、彼らのお客さんのプロジェクトに STUDIO を採用してもらい、プロジェクト単位で料金を支払ってもらう形をとっている。料金は月額9ドルからで、利用開始から14日間は無料でのトライアル利用が可能だ。

STUDIO が機能を提供するサイトの多くは、コーポレートサイトやランディングページといった、静的コンテンツで構成される Web サイトだ。シンプルさが売りのサービスではあるが、今回の正式版で、Web サイトをチーム運用できる機能(複数のメンテナーが登録可能)がリリースされた。今後は、Web サイト上に、入力フォームや更新可能なニュースを挿入できる機能を追加する予定だ。

同社は昨年10月、シードラウンドで D4V、大和企業投資、2名のエンジェル投資家から5,000万円を調達している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------