ズボラ旅が荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」と連携、旅行中の荷物預かりで手ぶら旅行の実現へ

by SuzukiSekiko SuzukiSekiko on 2018.8.28

スクリーンショット 2018-08-28 10.16.25.png

行き先を決めずに旅行相談ができるチャット窓口「ズボラ旅 by こころから(以下ズボラ旅)」を運営するHotspringは5月28日、荷物の一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」を運営するecboとの連携を発表した。

同連携内容は、ズボラ旅から旅行を宿泊予約したユーザーが旅行中にecbo cloakを利用し、手ぶら観光ができるというもの。ユーザーは、予約完了後に発行された無料プロモーションコードを活用し、バックサイズ2個もしくはスーツケースサイズ1個に該当する荷物を1回無料で預けることができる。

2017年1月にサービス提供を開始したecbo cloakは、荷物を預けたい人と預かる場所をマッチングするサービス。カフェや美容室、観光施設などで荷物を預けられる。サービスの利用可能地域は東京や大阪、京都など全国の主要都市を中心に展開中だ。

旅行代金後払いリリース後のTwitterでの有川氏と工藤氏のやりとり

今回の取り組みには利用期限が設けられており、現段階では年内いっぱいとなっている。同取り組みはecbo代表取締役の工藤慎一氏からの声かけによるもの、ということだ。ecboはかねてより、沖縄ツーリストとの連携や神社京町家、着物店など観光施設との連携に力を入れている。

ズボラ旅運営のHotspring側は、今後も旅行体験向上のために他社運営サービスとの連携も視野に入れていく考えだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------