Chinaccelerator(中国加速)を卒業した、8つのスゴいスタートアップ

SHARE:

【原文】

激しいハック、コーディング、ビジネス改善、ピボットの3ヶ月を経て、中国の最もファンキーなインキュベータ Chinaccelerator(中国加速)は昨日(10月30日)、2012年のプログラムに選出された、8つのすべてのスタートアップを卒業させた。このインキュベータの本拠地は大連にあるが、Demo Day は北京の中心部で開催された。

Chinaaccerator のトラックレコードは良好だ。昨年の卒業生である OrderWithMe は、卒業後まもなくして北京で開催された TechCrunch Disrupt で入賞し、PiktoChart はシンガポールで今年開催された、私たちの Startup Arena で有終の美を飾った。このインキュベータは、Cyril Ebersweiler 氏によって開設された。同氏は、500starups, OnLab など多くの場所でメンターを務めている。

2012年のプログラムの卒業生は皆優秀で、埋め合わせに取り揃えられたスタートアップは居ない(そして、一部は我々が既に取り上げている)。彼らを見てみることにしよう。

AdConnect

  • このスタートアップは、アプリを出しているアーリーステージのスタートアップ向けに、既に AppSpree.me という無料の横断プロモーションネットワークを立ち上げている。共同創業者の Andrew Boos に今月聞いたところでは、AppSpree は「カスタマイズ可能な横断プロモーションで、お金をかけずにアプリを成長させる方法」なのだそうだ

HopCab

  • 今回紹介された他のスタートアップとは異なり、HopCab は中国国外であるマレーシアににフォーカスしている。今夏ローンチし、iPhone アプリに集中しており(Android 版は近日公開)、タクシーやハイヤーを予約するための位置情報サービスだ。乗る前に予約すれば、このアプリは見積額を提示してくれる。現在、クアラ・ルンプールとペナンで使うことができる。

QuWanba

  • QuWanBa(「出かけましょう」の意)は、他のスタートアップとは異なる心理学的なアプローチをとっている。創業者の Yung-Chung Lin の言葉を借りれば「実生活でつながりあい、皆が愛せるものを見つける」サービスだ。このオフライン・ソーシャルのスタートアップは、インターネットを介さない AirBnB のような旅行予約でマネタイズを目指す、ピア・ツー・ピアのアクティビティのサービスだ。サイトは QuWab.ba で11月3日のローンチを予定している。

7Colors(七彩互動)

  • 7Colors は、子供向けのクラス・プラットフォームによる、オンライン学習環境を提供する。7colors.cc には、多くの Windows、Android、iOS アプリが紹介されている。

WeiboAgent

  • 既にローンチに向けて動いているスタートアップが WeiboAgent だ。ブランドが、中国で最もホットな Twitter クローン「Sina Weibo(新浪微博)」上で、よりよいソーシャル・メディア・マーケティングを実現できるようにする。共同創業者が最近語ってくれたところによれば、このサービスはソーシャルメディア分析の機能を持つ SaaS ベースのアドバイザリー・ツールだ。しかも、中国の消費者に有効なマーケティングを実現するため、人によるアドバイスも提供している。

TuiCool(推酷)

  • TuiCool は読書に特化したソーシャル・ネットワークだ。UI は Reddit と中国の Wumii Reader(无觅閲読) の中間という感じで、アルファーステージにある Android アプリの支援を受けている。

ToyCloud

    • ToyCloud は、ちょっと変にも、きちんとしているようにも感じられるかもしれない。オモチャを制御するアプリの開発を支援する。ウェブサイトは立ち上がっており、SDK はまだ提供されていない。ラジコンカーをスマートフォンや音声コマンドで制御できるようなものになる。ハードウェアも提供され、ウェブサイトでラジコンカー等が販売される見込みだ。

 

QiuQiu(丘丘)

  • 最後に紹介する QiuQiu はソーシャル・デイティング・プラットフォームで、既にオープンしているがベータ版で提供されている。共同創業者で CEO の Michael Lewis によれば、QiuQiu を作ったのは「人々が知り合うのは、友人や家族を通じてかオンラインによるのが最も一般的。これらの要素を組み合わせアプリ上に載せてみた」というものだ。このアプリはまもなく全面ローンチを迎えるが、現在は未公開だ。これから数年の間に、女性成人人口に対して男性が3,000万人超過するという統計もあり、中国は未婚が爆発的に増える危険性をはらんでいる。そこで、出会い系アプリはその答というわけだ。あるいは、同性愛者が増えるのだろうか。いずれにせよ、クールなアプリだ。

Demo Day には、多くの投資家が含まれていたようだ。どのスタートアップが VC 支援を得られるか、コメントであなたのお気に入りを教えてほしい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------