Weiboの巨大なデータでレストラン情報をレコメンドする「HaoYouMeiShi(好有美食)」

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】

どこで食べる?何を食べる?これらは私が毎日自分に尋ねる2つの質問だ。私たちの多くは、何を食べるかについてのアイディアを欲している。

HaoYouMeiShi(「mei shi」は、中国語で「おいしい食べ物」を意味する)は、新しい食べ物のレコメンデーションを提供する北京拠点のスタートアップだ。既に市場に出ているいくつかの伝統的なフードレコメンドサービスと異なり、HYMSは、ユーザによりよいお勧め情報を提供するために、中国最大のマイクロブログサイトSina Weiboをうまく活用している。

HaoYouMeiShi(HYMS)は、データマイニングを通じてWeibo上にあるユーザの食事経験を照合し、その結果をお勧めリストに再構成しているのだ。Weiboにはもちろん、彼らの食事経験やレストランの選択を共有する多くのユーザがいる。レストランと食事のランキングもユーザのマイクロブログへの感想やコメントによって決定される。

試しにこのアプリを使ってみたが、操作はかなり簡単だった。最も重要な点は、レストランの質が良く見えることである。これは、3億人超の登録ユーザによるWeiboユーザのデータがとても巨大であり、そこからオススメされているからだろう。

これは、私たちがスタートアップの動向を見続けているオンラインツーオフライン(O2O)市場に新しい側面をもたらすソーシャルメディアの新たな例だ。

現在この市場には、Shi Shen Yao YaoDianpingのようなかなり多数の有名なフードレコメンドサービスがある。あるいは、Burppleのような楽しいグルメアプリを使用し、ユーザが投稿した写真を見ることもできる。HYMSがWeiboデータのクローリングアルゴリズムでどのように大手企業に対抗するかをみることは面白いだろう。このアプリは1週間前に配信開始され、iOS上でダウンロードできる。(原文掲載10月26日)

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------