Q&AサービスのQixilが著名人に相談できるキャンペーンを開始、回答者第1弾はサイバーエージェント藤田晋社長

SHARE:

qixil-fujita

東京のスタートアップ Pitapat は、同社の実名制Q&Aサービス「Qixil」上で、期間限定の著名人に質問できるキャンペーンを展開すると発表した。第1弾の回答者は、サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏がと務める。このキャンペーンは「藤田晋のなんでも相談所」と名付けられ、7月17日(水)〜23日(火)に寄せられた質問のうち、藤田氏が選んだ10問について回答するものだ。

サイバーエージェントは創業から15年目を迎え、書店では藤田氏が幻冬舎社長・見城徹氏と交わした対談集が販売数上位にランク入りするなど、話題には事欠かない存在だ。類希な軌跡を歩んで来た起業家の雄からの、含蓄のある回答に期待しよう。

なお、藤田氏に引き続き、著名人に質問ができるこのキャンペーンは、次のような回答者を招いて展開される予定だ。

  • 第2弾  8bit News 代表/元NHKアナウンサー 堀潤氏
  • 第3弾  自民党参議院議員(候補)/弁護士  丸山和也氏

ただし、第2弾以降は、日程調整の都合上、変更の可能性があるとのこと。最新の情報は、Qixil のウェブサイトを閲覧してほしい。

Facebook のメッセージ課金の試みなどを見ていると、有名人に質問ができたり、連絡がとれたりするのは、マネタイザブルなサービスだ。ただ、Qixil の今回のキャンペーンは、純粋に Qixil の利用促進を意図したもので、今後のマネタイズの可能性を意識したものではないようだ。

Qixil は今年4月にローンチし、当初は招待制でのみユーザがサインアップできた。話題もスタートアップに関するもののみに限定されていた。今月初めの正式ローンチに際し、サービスの一般公開を発表、話題は特に限定されず、より多くのユーザが利用できるようになった。

----------[AD]----------