Yahoo JapanがEコマースポータルプロバイダーのベンチャーリパブリックを買収

SHARE:

coneco.net_screenshot

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Yahoo Japan!(TYO:4689)は、最近日本のEコマースポータルプロバイダーのベンチャーリパブリックを買収したことを発表した。買収の金額については非公開。

2001年のローンチし、後半は価格比較サイトと「Travel.jp」や「Hotel.jp」「Coneco.net(コネコネット)」のようなコマースにフォーカスしたバーティカルメディアをオンラインの消費者向けに提供してきた。同社は、インドネシアの価格比較サイト「Telunjuk」や、シンガポールの旅行メタサーチサービス「Flocations」に投資していることでも知られている

同社は2つの異なるビジネス領域に対応するため、二社に分かれた。一社はオセニックとしてリブランドし、コネコネットの運営を続けるとしている。そして、新しい会社のCEOは、旅行に関連したメディアを運営するベンチャーリパブリックと呼ばれた会社を形作った。結果として、比較サイトビジネスはYahoo Japan!にすべて手渡されることとなった。

2010年12月から、ベンチャーリパブリックはYahoo Japan!のEコマースチャンネルの中で、ユーザージェネレイテッドな商品へのレビューの提供を行なってきた。今回の買収で、ポータル大手のYahoo Japan!はそのEコマースの顧客にむけてよりよい顧客体験を提供できることを目指す。

ベンチャーリパブリックは、日本の柴田啓氏によって2001年に創設された。結果、2009年にJASDAQの市場に上場したが、その後、彼が株式を買い戻したことで上場廃止となった。