写真集約アプリのCoolirisがBaidu(百度)と提携、中国のクラウドやアプリストア・ユーザへのリーチを強化

SHARE:

baidu-cooliris-logos

とにかく世界各国の、できるだけ多くのソーシャルメディア・プラットフォームと連携すること。それが Cooliris のミッションのようだ。

26日、Cooliris は中国の Baidu(百度)との提携を発表した。今回の提携を受けて、Baidu のクラウドサービス Baiduyun(百度雲)のユーザは、同クラウドに保存された写真を Cooliris アプリ上でも閲覧できるようになる。

これまでに、Cooliris は Facebook、Instagram、Google Images、RenRen(人人)、 Tencent(騰訊)、Yandex(Яндекс)、Evernote 、Tumbler、DropBox、SkyDrive との連携を実現させており、今回で中国とのインターネット・サービスとは3社目の連携となる。他サービスから取り込んだ写真を Baiduyun に保存する機能はサポートされていないが、数週間のうちに機能追加される予定だ。

cooliris-cameraroll去る7月、Baidu はモバイルアプリストア「91 Wireless(91無線網絡)」を19億ドルで買収しており、Baidu が手にしたこのアプリ流通チャネルは、中国でユーザを増やしたい Cooliris にとっても有効に活用することができるだろう。他方、Cooliris はアメリカや東南アジアに多くのユーザを有しており、海外展開を図りたい Baidu にとってもブランド拡大のメリットが享受できる。

今年3月、CEO をはじめとする Cooliris のエグゼクティヴは、日本でのパートナー探しを目的として東京に滞在していた。Cooliris はロシアや中国などの現地ソーシャル・ネットワーク等との関係を深める一方、日本のサービスやスタートアップとの連携が進まない点にはいささか疑問が残る。NTTドコモからも資本が入っているので、ドコモの関連サービスやドコモ・イノベーションビレッジに参加しているスタートアップとの連携に期待したいところだ。

(一部未確認の情報が含まれるが、Cooliris へのドコモ・キャピタルからの出資は、シリコンバレー駐在のチームが主導になって実施されており、東京のチームはあまり深く関与していない。また、以前、Cooliris には東京駐在のゼネラルマネージャーが居たが、その人物は既に退任している。日本のサービス各社との連携が進まないのには、そのような事情が背景にあるのかもしれない。)