急速に拡大する市場、韓国カカオゲームのプラットフォームに進出するワンオブゼム

by Junya Mori Junya Mori on 2013.10.8

kakaogame

韓国はオンラインゲーム大国だと言われてきた。今、その状況に変化が生じてきている。矢野経済研究所が9月に発表した「韓国のスマートフォンゲーム(アプリ)市場に関する調査結果」によれば、2012年の韓国におけるスマートフォンゲームの市場規模は、前年比79.4%増となる7,600億ウォン(事業者売上高ベース)となっているという。海外タイトルの人気も高く、2013年の韓国スマートフォンゲーム市場規模は、前年比64.5%増の1兆2,500億ウォンとなる見込みだ。

スマートフォンゲームの市場規模が急速に拡大している背景には、2012年7月に世界で1億人のユーザーを持ち、韓国で最大のユーザー数を持つメッセンジャーアプリ「Kakao Talk(カカオトーク)」がゲームサービス「カカオゲーム」を導入したことがあると見られている。余談だが、韓国企業のカカオ社は韓国最大のIT企業 NHNの前身ハンゲームの創設者であり、NHNの元CEOであるキム・ボムス (Beom-Soo Kim) 氏によって設立されている。

「ゾンビバスターズ for Kakao」

韓国国内だけでなく、海外からも注目が集まるカカオゲームマーケット。そこに日本から参戦するのが、ワンオブゼムだ。以前、本誌でも掲載したがワンオブゼムは今年「ガチャウォリアーズ」というタワーディフェンス型のゲームをリリースし、9月には150万ダウンロードを突破している。同社は、このゲームを韓国カカオゲームに合わせて、「ゾンビバスターズ for Kakao」としてリリースする。

20131008.4

根本の機能は変わらないが、韓国のユーザー特性に合わせた機能を付与した。同社によれば、韓国のゲーマーは対戦を好む傾向にあり、対戦を促す機能を新しく追加したという。

カカオゲーム上でのリリースと同時に、同ゲームのキャラクターを使ったスタンプの配信も期間限定で実施する。ゲームをダウンロードしたユーザーは、無料でスタンプが獲得できる。

カカオゲームに配信するまで

カカオゲームでタイトルをリリースするまでには、いくつかのステップが必要になる。ワンオブゼムに聞いたところ、大きく以下のステップに別れる。

  • 韓国カカオに申請
  • 韓国カカオがゲームクオリティチェックをチェック
  • ゲームのカカオ機能が動作するかのチェック
  • 韓国政府によるゲームの等級審査

カカオゲームにのせるゲームには、カカオトークとの連携機能の追加が必要になる。さらに、政府によるゲームの審査というステップも踏まなければならず、けして低いハードルではない。だが、その分一週間のうちにリリースされるタイトル数も多くなく、リリースされればプレイされる可能性も高いと言える。

ワンオブゼムがリリースするタイトルは、男性が好むタイプのものだ。これまでカカオゲームには女性向けのカジュアルゲームが多く、やり込み要素のあるゲームが少ないので出したいという韓国カカオの考えもあり、配信が決まったという。

ワンオブゼムは、現地の企業とパートナーシップを組んでおり、開発と運用はワンオブゼムが担当し、現地パートナーがローカライズとカスタマーサポートを担当する。現地パートナーは、GMOインターネットグループのGMOゲームセンター株式会社の韓国法人GMO GAMECENTER Korea, Inc.だ。韓国ユーザーにはクレーム文化があるということもあり、現地のパートナーにカスタマーサポートを担当してもらうことは重要なことだと考えられる。

9月にはLINE GAMEが世界での累計ダウンロード数2億件を突破した。メッセージアプリが持つゲームプラットフォームにはまだ可能性が多く残されているように感じる。

「ゾンビバスターズ for Kakao」は1ヵ月で100万ダウンロード、年内に200万ダウンロードを目指すという。ベンチャー企業が、他国のゲームプラットフォームでどのような結果を残すことができるだろうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------