Alibaba(阿里巴巴)がソーシャルショッピングサービスの「Mogujie(蘑菇街)」を2億米ドルで買収と報じられる

SHARE:

MogujieApps

Alibabaグループ(阿里巴巴集団)は、Pinterest風のソーシャルショッピングサービスであるMogujie(蘑菇街)を間もなく2億米ドルで買収する見通しだと報じられた。

MogujieはAlibabaの元社員によって設立され、eコマース大手Alibabaと同じ都市に拠点を置いている。2011年2月にローンチされた後、中国における2大ソーシャルショッピングサイトの1つに成長した。直接の競合はMeilishuo(美麗説)であるが、同社は女性向け商品に特化している。

ほぼすべてのソーシャルショッピングサービスはその商品の大半をTaobao(淘宝)とTmall(天猫)から掲載しており、Alibabaに依存している状態だ。MogujieとMeilishuoの両サイトはAlibabaの管轄下である商品の紹介手数料から収入の大半を得ている。その他の収入はバナー広告だ。

Mogujieの第4ラウンドまでの資金調達概要

  • 2011年初め、Amiba Venturesよりシード資金として数百万元を調達
  • 2011年5月、Trust Bridge PartnersおよびBertelsmann Asian InvestmentsよりシリーズAラウンドで数百万米ドルを調達
  • 2011年後半、Qiming Venture PartnersおよびBertelsmann Asian InvestmentsよりシリーズBで1000万米ドル以上(報告ではA、Bラウンドの合計額は約2000万米ドル)を調達
  • 2012年後半、IDG Ventures、Qiming Venture Partners、およびBertelsmann Asian InvestmentsよりシリーズCで1000万米ドル以上を調達

MogujieがAlibabaに吸収されると噂されたのは今回が初めてではない。ソーシャルショッピングはAlibabaがどうしてもうまく行うことができないようにみえる事業の1つだ。同社はMogujieと同じ月に、WowというPinterestクローンをローンチした。

それ以降、同社の異なる部署からいくつかのソーシャルショッピングもしくはオンラインショッピング共有サービスがリリースされた。しかしどれを取っても、MogujieやMeilishuoと比較して広く受け入れられたものはなかった。つい最近には、誰もがPinterest風のサービスを設立できるソーシャルショッピングプラットフォームを開設した。

Alibabaが自社のeコマースのマーケットプレイスへのアクセスを制限したという噂がある。これは、MeilishuoとMogujieが大きくなりすぎてAlibabaを超えて利益を上げるのに同社が不満を持っていたからだという。MogujieとMeilishuoに対するアクセス数は失速し始めているとみられている。Mogujieの共同設立者のLi Yanzhu氏は、2013年の6月に同社を去った。

【原文】

----------[AD]----------