セカイカメラがサービス終了を発表、伝説に残るピッチを振り返る

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

頓智ドットが2008年の TechCrunch 50 で、スマートフォンによる拡張現実感(AR)ソリューション「セカイカメラ」を発表してから、もう5年以上も経過したとは信じがたい(上記ビデオ参照)。このピッチで、同社の井口尊仁氏は、“look up, not down” して、身の回りのあらゆるものにタグが見つけられる、スマホの使い方を提案した。しかし、残念ながら、頓智ドットのウェブサイトの発表によれば、セカイカメラはまもなくサービスを終了することになる。

2009年、私は井口氏にセカイカメラについて、インタビューする機会があった。畏敬の念さえ覚えさせる未来志向のサービスだった。現在では、井口氏は Telepathy へと身を移し、スマホを宙に構えるよりは、よりARには適した Google Glass のようなソリューションを提案している。[1] このメガネが成功するまでの道のりは依然長いが(Telepathy の話をするとき、これを「ベーパーウェア」だと言う人は多い)、私は井口氏がセカイカメラから Telepathy に移ってきたのを歓迎している。

同時に、いくつかの理由で彼のプレゼンテーションは特別な存在だ。

  1. 井口氏のプレゼンテーションは問題ない。ーー英語で話したりピッチしたりするとき、自信を失ってしまう日本のスタートアップが多い。私の知る日本人は往々にして完璧を求めたがるが、それが過ぎるのも上達する機会を遠ざけてしまう(ことわざで、「最善は善の敵」)。[2] たとえ英語がうまくなくても、話そうとする内容の要点をとらえるようにし、足りない部分は熱意で補うことだ。(自分のプロダクトに熱意が無い人は、即退場。)
  2. 影響力の強さ。ーーこの特別なプレゼンテーションから、どれほどの位置情報サービス、ARサービスが提供を受けたことだろう。どれだけの人が、似たようなサービスを作ったことだろう。[3]
  3. 欧米人は、日本のことが好きで仕方がない。ーーこのピッチで強調されたのは、頓智ドットが日本のスタートアップで、何かしら未来を垣間みられると思わせたことだった。2013年の現在でも、ロボット、新幹線、タコの看板、忍者、きゃりーぱみゅぱみゅなど、メイド・イン・ジャパンはクールで、未来を思わせるブランドである。この可能性がわからないなら、Tokyo Otaku Mode を見てみるべきだ。

Telepathy がプロダクトを市場投入できるかどうかについて、私は少し懐疑的だ。しかし、セカイカメラのサービス終了が発表されたのをふまえて、2008年の最初のピッチは、インターネット史上に残る面白い出来事の一つだったと言える。

日本のスタートアップが海外進出すると多くの障害に直面するが、同時によいこともたくさんある。

日本はクールであり、想像力に富んでいる。欧米社会は、日本のことが好きである。

iguchi_wearing_telepathy_one-620x348
Telepathy 井口尊仁氏

  1. しばらく使い続けると、腕がだるくなるのではないかと思う。  ↩
  2. TechCrunch 50 の Q&A セッションのビデオも見てみるとよいだろう。こちらもなかなか陽気で素晴らしい。  ↩
  3. 私は、京都の Yesterscape のファンだ。時を戻す面白い要素を持った AR ソリューションである。  ↩
----------[AD]----------