救急医療でのGoogleGlass活用法ーーQRコードを読めば患者の情報が分かるシステム【ピックアップ】

SHARE:

GoogleGlass-2014-35

Image credit by Artstechnica

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

ER doctors use Google Glass and QR codes to identify patients

もう未来そのものですね。ボストンのとある病院でのGoogleGlassの取り組みですが、救急病棟の病室に張り付けてあるQRコードをGlassで読むとその患者の状況がわかる、というもの。医者は表示された情報を元に患者と会話できるので救急な現場では役に立つだろうということですね。

Glassは医療現場、例えば手術中の録画や膨大な医薬品の選別(薬などの情報をGlassに表示させて間違いを防ぐ、もしくはパートタイマーでも作業補助ができるようにする)といった場面での活躍が期待されており、実際、GoogleGlass向けの医療アプリケーションを開発している例も耳にしております。

お医者さんといえば眼鏡、シンボリックなアイテムの進化と考えるのも一興です。

Google日本語訳でざっくり読む

via Artstechnica

----------[AD]----------