毎朝の基礎体温を簡単に。就寝中に体温を測定してくれるウェアラブル体温計

SHARE:

スクリーンショット 2014-03-08 21.58.50

近年、体温計や血圧計といったオーソドックスな機器のスマート化が進んでいる。国内でもスマートフォンと連動する婦人体温計が発売され、認知され始めている。

こうしたスマート体温計が浸透している一方で、体温計のウェアラブル化というのは、測定部位の問題でなかなか実現には至っていなかった。だが、ついに日本の企業が就寝中に自動で体温をモニタリングできる(※)ウェアラブルデバイスを発売した。

就寝中に自動で体温測定してくれるウェアラブルデバイス

日本のキューオーエルが開発したRan’s Nightは、ズボンのウエストの内側に装着して利用するウェアラブル温度計(※)だ。寝ている間に、体温に近い温度を測定でき、面倒な基礎体温測定が簡単になる。

スクリーンショット 2014-03-08 21.56.00

コイン電池によって動作し、測定した体温はデバイス上のモニターで確認できる。モニターにはQRコードも表示され、スマートフォンに簡単にデータ送信できる。

同社が提供する管理サイトRan’s Storyは、スマートフォンやPCから、就寝中の体温変化、月経周期における高温相と低温相の変化をグラフで確認することができる。不妊治療や月経周期、更年期障がいなどの管理をサポートしてくれる。

価格は8,800円。スマートフォンへのデータ送信機能を外した、体温計機能だけのものは5,980円で購入可能だ。現在国内で販売されている大手メーカーのスマート体温計は5000円程度で、管理サービスも月額制のものが多いことを考えると、(普通の体温計に比べると高いかもしれないが)これだけの機能でこの価格は決して高くない。

すべての女性にとって重要な基礎体温

不妊治療に限らず、月経不順の悩みを抱える女性は少なくない。無月経や月経不順には複数の女性ホルモンが関わっており、診断には基礎体温の継続的な監視が必要である。

毎朝の測定が面倒で治療を諦めてしまっている女性や、ダイエットをしたい女性には、ぜひRan’s Storyを使ってみてはいかがだろうか。(筆者自身、毎日の基礎体温測定をしてから体調管理が非常に楽になった。)


※Ran’s Nightは医療機器の認可を受けていない。体温そのものを測定できるわけではなく、どのくらい室温の影響を受けるかなどは不明。正確な基礎体温を把握するには、医療機器としての婦人体温計を利用するのが確実である。

“Ran’s Night”キューオーエル株式会社

----------[AD]----------