3Dプリントのアイジェット、写真から3Dアバターやフィギュアが作れる「3Dピポ」をローンチ

SHARE:

3dpipo_featuredimage

3Dプリントに特化したスタートアップ「アイジェット」は先頃、スマートフォンのカメラ撮影や、カメラロールの写真から3Dアバターを作成できるアプリ「3Dピポ」を公開した。3Dアバターが作れるほか、オプションで洋服や髪型を変えることもできる。作成したアバターを静止画や動画にして、Twitter、Facebook、LINE でシェアすることも可能だ。現在は iOS のみで利用可能で、Android 版は12月上旬のリリースを目指すとしている。

また、このアプリからは1体5,980円(税込)で3Dアバターをフィギュアとして、3Dプリント出力を発注することができる。アイジェットはこのプロダクトを、今月開催された、東京インターナショナル・ギフト・ショーにも出展しており、出力されるフィギュアをユーザが自ら作るだけでなく、友人や知人への贈答品や記念品としての可能性を訴求したいと考えているようだ。

<関連記事>

なお、調達元など詳細は明らかにされていないが、アイジェットは3Dピポのローンチに先立ち、今年5月に約2億円を資金調達している。さらに、以前は横浜・上大岡に拠点を置いていた本社オフィスや出力センターも、事業強化を目的として東京・日の出埠頭周辺に移転させている。

----------[AD]----------