韓国のO2Oスタートアップ連合「500V」が、イスラエルVCのYozma Groupから約1.1億円を調達

SHARE:

500V-요즈마-투자-협약식_3

韓国のO2Oスタートアップ連合 500V(오백볼트)は、イスラエルの Yozma Group が韓国を含むアジア向けにアーリーステージのスタートアップを発掘して投資するために設立したアクセラレータ「Yozma Ventures」と、3月13日に戦略的な投資契約を締結したと3月16日に発表した。

Yozma Group の Yozma Ventures を通して、その第一弾として 500V に約1.1億円(10億ウォン)を投資する一方で、Yozma は同社のグローバルネットワークを通じて、500V がグローバル企業として成長するに必要な後半にわたる支援を提供することが、今回の投資契約の重要事項だ。

今回の投資によって、500V はアジア全体を連結する巨大なO2Oプラットフォームを構築する「One Platform, One Asia(원플랫폼 원아시아)」というビジョンの実現のために大きな支援を確保することになった。

Yozma Ventures 代表のチョ・スンヒョン(조승현)氏は、以下のようにコメントしている。

500V スタートアップ連合がアジアのスタートアップ企業に新しい成長モデルを提示することができると判断して、戦略的投資を決定した。Yozma Group がつくるファンドと Yozma Startup Campus を通じた多用な支援策も模索中だ。

500V代表のキム・チュンボン(김충범)氏は、以下のようにコメントした。

Yozma Group がアジア最初の投資対象企業に500V を選んだということは、500V スタートアップ連合のモデルがそれだけ革新的で、世界市場の中でも通じる競争力を持っていることを意味している。今回の投資を機会にM&Aに不足している国内の状況が改善されて、スタートアップやベンチャー企業のイグジットの成功につながるような、多様な試みと模索が活性化できることを期待したい。

Yozma Groupは、1993年にイスラエルでスタートしたグローバルベンチャーキャピタルで、全世界、イスラエルITベンチャー企業を支援して、今まで約20以上の企業を NASDAQ に上場させたり、グローバル企業へ売却したりする成果をおさめてきた。その結果、今日までにイスラエルは、アメリカや中国に次いで、NASDAQ 上場企業が多い国になり、イスラエルのテルアビブは、世界のベンチャーキャピタルの新たな中心地に浮上した。韓国をはじめとした多くの国が Yozma Group をベンチャー産業育成のためのベンチマーキングの対象とみなしている。

500V は、韓国で初めてモバイルを含めたオンライン領域をカバーしたO2Oスタートアップ連合で、今年2月に正式にスタートした。アジア全体を連結する巨大なO2Oプラットフォームを構築するとの意思をこめた「One Platform, One Asia」を企業ビジョンとしており「みんなは一人のために、ひとりはみんなのために(All for One, One for All)」という共通の価値観を指向している。

多様な業界のオンラインとオフラインのベンチャー企業が集め、境界を越えて各企業の保有する多様なリソースを共有することで、系列会社間のシナジー創出を通じて市場を拡張させ、革新的なビジネスを先行させ、積極的にベンチャー・エコシステムを活性化することが、500V の目標だ。これを実現するために、500V は一年間で50社以上、累積で500社のベンチャー企業を買収合併するという計画をもっている。会社名である 500V(VOLT)は、500 Ventures Of Life & Tech の略語で、O2Oライフサイクルに基づいた500のベンチャー企業のアライアンスを意味する。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------