中国ユーザはWeChat(微信)からカラオケの予約や決済が可能に

SHARE:
Some rigths reserved Jimmy Álvarez
Some rigths reserved Jimmy Álvarez

<ピックアップ>Chinese users can book karaoke sessions inside WeChat

中国ではカラオケ店のことを「KTV」と呼ぶそうで、その中国全土に広がる「KTV」がITシステムに「WeChat(微信)」を組み込んだことをTech in Asiaが紹介しています。

WeChatは月間アクティブユーザ数が5億人、登録アカウント数が11億人に到達するという中国のメッセージングアプリ。

WeChatのユーザは、アプリ上からカラオケの部屋の予約ができたり、フードを頼んだり、曲を選んだり、お金を支払うことなどが可能になるそうです。

既存のシステムがこれだけ多くの人が利用しているメッセージアプリ上から動かせるようになったらかなり便利ですよね。

via Tech in Asia

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録