アドウェイズが電子レシートとビーコン端末を用いた相互送客システムを提供するログノートへ出資

SHARE:

ログノート

アドウェイズが電子レシート機能「iReceipt(アイレシート)」を開発するログノートへの出資を発表した。出資金額は約1,000万円となっている。ログノートが開発する「iReceipt」機能は、電子レシート対応店舗でスマホをかざすと電子レシートを受信できるようになるというもの。

ログノートは「iReceipt」の技術を発展応用させ、Appleの近距離無線通信技術「iBeacon」を活用した新システムを開発した。

新たなシステムは、利用者がスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、ビーコン端末が設置してある地域でクーポンを取得。その場で事前に注文予約を行い、提携店舗に行くと店舗内の席に設置されたビーコン端末が利用者を識別。利用者のスマートフォン画面に電子レシートを発行し、テーブルに着席すると自動的に商品が提供されるという仕組みだ

adways316_2

新システムの第一弾として、群馬県内を中心に27店舗を展開するラーメンチェーン「景勝軒」とコンビニエンスストアチェーンである「セーブオン」の全店舗は約600店中100店舗にこのシステムを導入。運用を開始している。

利用者は「セーブオン」店舗のレジ脇に設置してあるビーコン端末からクーポンを発行することができ、そのクーポンを使って同様にビーコン端末が設置されている「景勝軒」で「餃子一皿」を無料で受け取ることが可能となっている。

ログノートはこれらのシステムを搭載したアプリを提供することでデータを収集し、調査分析することでビジネスにつなげていこうとしている。アドウェイズは、ログノートが収集したデータを元に、中長期的な広告利用に対する研究を進め、広告・プロモーション領域において協業していく方針だ。

----------[AD]----------