やっぱり熱いヘルスケア領域ーー次のユニコーンかもしれない注目のスタートアップ50社

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> 50 Companies that may be the next startup-unicorns

ニューヨーク・タイムズによる、次なるユニコーンを予測する記事をピックアップしてみました。エンタープライズ向けソリューション、Eコマース、リアルビジネス、またヘルスケアやドローンなど多ジャンルのスタートアップが登場しています。

その中でも、グローバルに台頭しているのがフード関連のサービス。アメリカの料理系のチャンネルを見ていると、立て続けに競合するフードデリバリーのTVCMが流れるほど競合がひしめいています。「DoorDash」「Ele.me」「Hello Fresh」「Munchery」など。近所のシェフが腕をふるった料理が届くものから、あとは調理するだけの食材キットが届くものまで。

個人的に注目したいのは、ヘルスケア領域のスタートアップです。電子医療カルテの「Practice Fusion」や継続的な癌治療をサポートする医療機関向けの「Flatiron」などが選抜されています。

また、調剤薬局をオンライン化したボストン発の「PillPack」も。医療システムが面倒なことで知られるアメリカ。かかりつけの医者や保険会社とのやり取りもPillPack側が対応してくれて、手元には毎日飲むべき薬が小分けにパッケージされて届きます。

また、企業がその従業員に対してより柔軟な医療保険を提供できるのが「Collective Health」。年齢や家族の有無、健康状態などは社員によって様々。それを一つの医療保険でまかなおうとすること自体おかしい、と立ち上げられたサービスだとか。

Collective Health – A Better Way from Collective Health on Vimeo.

残りの“見込み”ユニコーンについては、元記事でご覧ください。

via. The New York Times

----------[AD]----------