馬用のウェアラブルデバイスが登場、乗馬トレーニングを効率的に

SHARE:

balios_featuredimage

人ならぬ、馬用のウェアラブルデバイスが登場した。

Balios」は、鞍の腹帯に取り付けて、乗馬のトレーニング時の馬の動きを記録できるデバイス。スマートフォンと連携し、専用のアプリから馬が走った時間や走り方、距離、跳躍の回数、走行ルートなどが確認できる。

さらに、馬の健康状態を確認できたり、跛行(おかしな歩き方や歩行障害)があると、知らせてくれる。Balios 内のメモリーにデータが保存されるので、乗馬トレーニング時にスマートフォンを持つ必要はない。

20151114_horse02

20151114_horse03

Balious は、フランスのスタートアップが開発、現在 Kickstarter でクラウドファンディング中だ。

目標の5万ユーロ(約660万円)に対し、記事執筆時点で、すでに11万6,786ユーロ(約1,500万円)の資金を集めている。

150ユーロ(約2万円)から入手可能で、すでに720人以上の人が支援をしている。

12月3日開催のTokyo Meetupに濱渦氏参加決定!参加者募集中

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録