エウレカ、社員の結婚・出産・育児を⽀援する福利厚⽣プログラム「baniera」を導入

SHARE:

baniera_logo_white

エウレカが、2016年6⽉15⽇、福利厚⽣プログラム「baniera(バニエラ)」を導⼊した。

今年2月、フリマアプリを展開するメルカリが新たな人事制度として「merci box(メルシーボックス)」を開始すると発表し、話題となった。

メルカリが産・育休8カ月分給与を100%保証する新人事制度「merci box」開始ーー創業3年目のDL数は世界で3100万件に

「merci box」は、産休・育休期間中の社員給与を100%会社が保証するといった内容だったが、「baniera」はどんな内容となっているのだろうか。

海外カンファレンス参加やオンライン英会話学習補助などキャリア支援に関する項目に加えて、充実しているのが家族に関する項目だ。

  • 結婚祝い(5万円+便利家電)
  • 結婚休暇5日間
  • 出産応援休暇・出産お祝い金
  • 特別な日の「特別休暇」
  • 待機児童対策の引っ越し金援助
  • 時短勤務(小学校3年生まで)
  • 病児シッター制度

などなど、結婚や子育てをしていく上で課題として挙がることをサポートする内容となっている。「pairs」を通じて結婚した社員には、結婚祝いにプラスして5万円分のギフト券をプレゼントするという、同社ならではの項目もある。

スタートアップやベンチャーも、良い人材を確保するためには、より働きやすい職場にしていくことが求められている。「baniera」や「merci box」などは、その先駆けとなる福利厚⽣プログラムになりそうだ。

余談だが、”baniera”という聞き慣れない言葉は、古代ギリシャ語で「お⾵呂」を意味する⾔葉だという。かつて、アルキメデスがお風呂で浮⼒の原理を⾒つけ、「eureka!(分かったぞ!)」と叫んだと言われていることから、この名前となったそうだ。