深層学習でチャットの自動応答技術を開発する韓国スタートアップFluenty、グローバル・ブレインらから約4,500万円を調達

by beSUCCESS beSUCCESS on 2016.8.5

Talkey_Introduction-620x332
Image credit: Fluenty

韓国を拠点とし、自然言語の深層学習技術を開発するスタートアップ Fluenty(플런티)は、日本のグローバル・ブレインと、韓国財閥コーロン・グループ(코오롱 그룹)のベンチャーキャピタル Innobase(이노베이스)から5億ウォン(約4,500万円相当)を調達したことを明らかにした。

Fluenty は、会話の自動化と自然言語理解の分野で技術力を保有しており、これを活用したメッセージの自動応答アプリ「Talkey」を昨年リリースした。Talkey は、ユーザが意図する会話内容とキーワードを認識し、自動応答する機能を提供するサービスだ。

また、Fluenty は、Google がスマートeメールクライアントサービス「Inbox」とメッセージアプリ「Allo」に導入した自動応答テクノロジー「Smart Reply」を活用し、韓国内外の障害者向けデバイスやバーチャルリアリティ企業にサービスを提供していることを明らかにした。

<関連記事>

Fluenty 代表のキム・ガンハク(김강학)氏は、次のようにコメントしている。

今回の調達を受けて、Fluenty の自然言語理解機能を強化したい。今後、会話の自動化や言語理解技術をチャットボット・プラットフォームに進化させ、顧客センターや対話型コマースなど、会話が繰り返される分野に適用していく計画だ。

Fluenty はこれまでに、韓国のスタートアップ・アクセラレータ FuturePlay(퓨처플레이)から1億ウォン(約910万円)のシード資金を調達しており、beGLOBAL Seoul 2015 で、B Dash Ventures とグローバル・ブレインから、それぞれ賞を受賞している(以下、写真)。

beglobal-seoul-2015-startup-battle-bdash-camp-award-winner
Image credit: The Bridge
beglobal-seoul-2015-startup-battle-gb-booth-award-winner
Image credit: The Bridge

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------