シンガポールのeコマースイネイブラーShopmatic、410万米ドルを調達してインドネシア・フィリピン・中東へ事業を拡大

SHARE:
Shopmatic_GO
Shopmatic GO
Image Credit: Shopmatic

シンガポールを拠点とする e コマースイネイブラーの Shopmatic は、ACP と SPRING SEEDS Capital がリードしたシリーズ AA ラウンドで570万シンガポールドル(410万米ドル)を調達した。

同社は今回のラウンドで獲得した資金をインドネシア、フィリピン、中東への事業拡大に活用する予定。現在はインド、シンガポール、香港でサービス展開している。

新ラウンドの一環として、ACP のマネージングパートナー Sameer Narula 氏が Shopmatic の取締役メンバーとなる。

CEO の Anurag Avula 氏は公式プレス声明で次のように述べた。

当社のプラットフォームを活用して、多くのオンライン店舗の月間売上成長率が40%超を記録しました。顧客に幅広い価値を提供するという当社のシンプルなアプローチによって、セラーとの関わりを深化させ、オンラインセラーというものを育ててきました。

2014年12月に設立された Shopmatic は、SME(中小企業)や個人起業家が e コマース販売のメリットを享受できるプラットフォームだ。統合された決済ゲートウェイを備えたオンラインストアの立ち上げに使えるツールを提供している。

また、物流企業との提携関係構築にも協力しているほか、マーケットプレイスやソーシャルメディアでの出品を促進している。これには、バックエンドのアナリティクスプラットフォームが含まれる。

サービス利用料は年240米ドル。

昨年、同じ製品の携帯アプリ版「Shopmatic Go」をローンチした。これまでに13万を超えるダウンロードが記録されているという。

さらに Shopmatic は2016年、コード言語 Ruby on Rails が企業に与える影響についてレクチャーする台湾企業の 5xRuby を買収した

当時この買収は、「最新テクノロジースタックと有能なプラットフォーム開発チームによって作り出された効率的なエクスペリエンスを提供する」のが目的だったとコメントしている。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------