住宅ローン比較・検索の「WhatzMoney」、D4Vや個人投資家の木下友宏氏から8,000万円を調達——本格的なローン仲介サービスに参入へ

SHARE:

住宅ローンの比較・検索サービス「WhatzMoney」を運営する WhatzMoney は29日、D4V と個人投資家の木下友宏氏から8,000万円を調達したことを明らかにした。今回の調達は WhatzMoney にとって、2016年3月に実施した、(D4V の前身である)GenuineStartups をリードインベスターに、スローガン・コアント、ヒトトキインキュベーターから4,500万円の調達に続くものだ。

WhatzMoney は、2015年4月にキーエンス・住友信託銀行出身の前田一人氏が創業。これより前の創業準備期において、前田氏は Incubate Camp 7th に参加し、個人金融についてのリテラシー向上を支援する「ライフイベントナビ」というアイデアを披露している。2015年11月には、個人金融の中でも特に身近な住宅ローンにフォーカスしたサービス「WhatzMoney 住宅ローン」をリリース。このサービスでは、ユーザは全国763金融機関の17,000超の住宅ローンから、条件に基づき自分に最適な新規・借り換え住宅ローンを比較・検索できる。

近年、同社が注力してきた面白いモデルが「WhatzMoney 0円シリーズ」だ。これは住宅ローンを借り換えることで節約できる金利を活用し、捻出できたコストを住宅のリフォームやリノベーション、太陽光発電設備の設置などに利用してもらおうというもの。リフォーム会社にとっては自社の売上への貢献が期待できるため、見込客を WhatzMoney へ送客することが可能になり、B2B2C のビジネスモデルが成立する( WhatsMoney ⇄ リフォーム会社 ⇄ 潜在的なリフォーム客)。

今回の調達ラウンドに参加する木下友宏氏は、WhatzMoney 代表の前田氏にとって同期・同僚の関係。木下氏はキーエンスを退社後、産業用太陽光発電事業のバローズを創業し、Abalance(東証:3856)に売却してイグジット。現在は大阪市内に7月1日オープン予定のコーワキングスペース「カンパニオ」の準備を進めながら、個人投資家としての活動を積極化している。

「WhatzMoney 住宅ローン」のモバイル画面

今回の調達を受けて、WhatzMoney では貸金業登録を行い、本格的なローン仲介サービスに参入する。WhatzMoney は前出の「WhatzMoney 0円シリーズ」の販路をリフォーム会社のみならず、「Home Re:loan」というサービス名で住宅・旅行・保険などの事業会社にも拡大し、節約できた住宅ローン金利で、彼らの商材やサービスの購入を顧客に促すサービスを展開する。

前田氏は、今回の資金調達にあたって、次のようにコメントしている(一部抜粋)。

まずは、個人ローンで最も利用者が多い住宅ローンに関するサービスを展開し、近い将来は、投資物件用ローンの仲介、その他個人ローンの仲介をオンライン中心に行っていく予定です。B2C ローン仲介サービスも検討していますが、カスタマーの獲得にコストがかかり過ぎる可能性があるため、当初は B2B2C モデルをメインサービスにしています。(中略)

今回ラウンドで新規投資家として加わっていただいた木下友宏氏には、弊社の事業展開にあたり、住宅販売会社などの事業会社の紹介、営業フローの構築などを期待しています。