定型業務を自動化するクラウド型ソリューション「BizteX」が資金調達、β版を公開

SHARE:
GV田島氏(左)_BizteX嶋田(真ん中)_袖山(右)__写真
写真左よりジェネシア・ベンチャーズ田島聡一氏、BizteX代表嶋田光敏氏、袖山剛氏

定型業務を自動化するクラウド型ソリューションを開発するBizteXは7月20日、ジェネシア・ベンチャーズを引受先とした第三者割当増資の実施を発表した。今回の資金調達は同日、法人向けにクローズドβ版を公開したサービス「BizteX cobit(ビズテックス コビット)」の機能強化と周辺領域へ事業領域を拡大を目的としている。

同サービスはエクセルやシステムへの入力作業、顧客サイトのチェックといったルーチン化している業務をロボットにより自動化するクラウド型のソリューションサービス。指示にあわせて繰り返し実行させたり、時間を指定して実行させることが可能だ。プログラミングやシステム構築の必要はなく、即日で利用ができる。

公開したクローズドβ版のフィードバックをもとに機能改善後、9月に本サービスの正式リリースを予定している。今後は機械学習を利用した業務プロセス上の予測やレコメンド機能、画像認識や音声認識を活用した入力予測エンジンなどの技術開発へ積極的に取り組んでいく。

Source:PRTIMES

 

 

----------[AD]----------