室内バーチャル自転車トレーニング「Zwift」が1.2億ドルを調達 ーー【今日の調達まとめ読み】

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。資金調達に成功した事例をデータベースとして毎日更新中。いち早くニュースをチェックしたい人はこちらを参照されたい

Image Credit: Zwift

室内バーチャル自転車トレーニング「Zwift」が1.2億ドルを調達。ユーザーは室内に自分のロードバイクを持ち込みZwiftのキットと接続。実際の運動量と連携された状態でバーチャル世界をサイクリングできる。レースに出ているような背景が画面に流れ、たとえば遠隔地にいる友人と一緒にレースに出たりすることもできる。今回の調達で得た資金を用いてランニングやeSports市場にも参入するという。競合には「Peloton」が挙げられる。- Zwift raises $120 million to expand its virtual training worlds for cyclists, runners, and esport contests

Image Credit: Rothy’s

フラットシューズメーカー「Rothy’s」が3,500万ドルを調達。フラットシューズ(底が平らな女性用の靴) をEC販売しており、2018年度の累計売上は1.4億ドルを見込む。製品には捨てられたペットボトルがリサイクルされておりエコ意識の高い消費者をターゲットとする。16万人のInstagramフォロワーを持ちSNSマーケティングを得意とする。- Rothy’s just landed $35 million from Goldman Sachs to sell more of its popular ballet flats

Image Credit: K Health

AI診断アプリ「K Health」がシリーズBラウンドで2,500万ドルを調達。過去20年分・約20億件の医療データを用いてユーザーの疾患症状を3~4分で終わる簡単な質問(平均質問数は21)回答をもとに診断する。診療が必要であれば提携医療機関を紹介する。紹介を受けた医療機関は、どの程度の確率で特定の疾患を発症をしているのかというユーザーの診断データを事前に参照でき、診療時間短縮につながっている。- K Health raises $25M for its AI-powered primary care platform

Image Credit: Matt Madd

Facebookが仮想通貨を開発中と報じられる。FacebookはWhatsAppを介した送金手法を開発していると報じられ、テスト市場にインドが選ばれる可能性が高いという。- Facebook is reportedly developing a digital currency

Image Credit: Graphcore

AIマイクロチップ「Graphcore」が評価額17億ドルで2億ドルを調達。同社チップを搭載したハードウェアは低コストでAI機能を活用できる。初期顧客には「Dell」や「Sumsung Electronics」などが挙げられ、現在はクラウドコンピューターや自動車業界向けに提供されている。2019年度には5,000万ドルの売上を見込む。 – AI Startup Graphcore Raises $200 Million From BMW, Microsoft

Image Credit: Vogo

インド発配車サービス「Ola」がスクーターシェア「Vogo」に1億ドル投資。Vogoのスクーターはワンタイムパスワードを入力するだけですぐに利用できる。今回調達した1億ドルを使って10万台のスクーターを新規に製造するという。またVogoのスクーターは1.5億ユーザーを持つOlaアプリ上でも利用可能となる予定。- Ola to invest $100 million in scooter-sharing startup Vogo

Image Credit: Blippar

累計1.3億ドルを調達していた英国ARアプリ開発会社「Blippar」が倒産。スマホレンズを通じて物体の関連情報をAR表示する画像検索アプリを制作していた。2011年以来、ARの先駆的企業として資金調達を重ねてきたが競合企業参入が原因となり資金が底をついた。 – After $130M+ in funding, AR startup Blippar collapses

Image Credit: Discord

ゲーマー向けチャットツール「Discord」が20億ドル以上の評価額で1.5億ドルを調達。誰もが手軽にサーバーを作り、友人を招待してチャットや電話ができるサービス。主にリアルタイムオンラインゲーム参加者が利用する。10ドルの有料版に登録すると画面シェアリングなどの追加機能が使えるようになる。- Discord secures $150 million in funding, valued at over $2 billion