Draper Nexus、DNX Venturesに改称し3号ファンドの組成を発表

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.2.13

DNX Ventures は、13日に都内で主催した B2B Summit で新しい通称名を発表した。
Image credit: Masaru Ikeda

東京とシリコンバレーに拠点を置く VC である Draper Nexus Ventures は13日、同社恒例となるイベント「Draper Nexus B2B Summit in Tokyo 2019」を開催し、この中で通称名を「DNX Ventures」に変更したことを明らかにした。これに合わせ、同社の Web サイトの URL が変更され、note 上にブログも開設される。

また同日、3号ファンドの組成が開始されたことも明らかになった。3号ファンドの LP は、京セラコミュニケーションシステム、ジェーシービー、東京海上ホールディングス、日立製作所、日立ソリューションズ、ファーストブラザーズ、みずほ銀行など。3号ファンドの規模については具体的に言及されていないが、2号ファンドの1億7,200万米ドルよりも大きな規模を目指すとしている。

これまでのファンドの軌跡を説明する、DNX Ventures マネージングディレクターの中垣徹二郎氏
image credit: Masaru Ikeda

すでに同ファンドからは、HR×SaaS 領域で勤務シフト作成自動化サービス「Shiftmation」を運営するアクシバース、研究室・ラボ向け購買・在庫管理 SaaS を提供する Inner Resource、ドローンの自動運行管理システムを提供するトラジェクトリー、OKR コンサルティング・クラウド OKR ツールを提供する Resily、不動産・金融業界をメインターゲットとする SaaS B2B 向け情報プラットホーム「REMETIS」を運営する RESTAR などに出資されていることも明らかになった。

<関連記事>

Image credit: DNX Ventures

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------