丸井グループ、D2Cスタートアップとの協業・共創に向け新会社を設立——D2C発ブランドのリアル店舗展開を支援

SHARE:
有楽町マルイ
Image credit: Marui Group

ショッピングモール運営大手の丸井グループ(東証:8252)は12日、D2C(direct to consumer)スタートアップとの協業・共創に向けた新会社 D2C&Co.(ディーツーシーアンドカンパニー)の設立を発表した。同社の社長には、丸井グループで取締役常務執行役員 CFO を務める加藤浩嗣氏が就任した。丸井グループは2019年3月期の決算説明で、OMO(Online Merges with Offline)ストア、デジタルネイティブストアの展開に注力することを明らかにしていた(16分30秒、資料40頁〜)。

丸井グループはこれまでに、オーダースーツ EC サービスを提供する FABRIC TOKYO、インスタントコマースの BASE、パーソナライズヘアケアブランド「MEDULLA(メデュラ)」を運営する Sparty らにそれぞれ出資。これらのスタートアップは、丸井グループが運営する商業施設「マルイ」で、期間限定店舗、旗艦店舗、常設店舗などを展開している。

丸井グループの2019年3月期決算説明資料から
Image credit: Marui Group

<関連記事>

これまでに、丸井グループはギフトサービスを展開するギフティ(東証:4449)のシリーズ C ラウンド、衣服生産プラットフォームのシタテルの2019年のラウンドにも参加している。

----------[AD]----------