新型コロナの影響でAmazonが必需品「以外」の注文を制限へ、フランスとイタリアで導入

SHARE:
Amazon France の Lauwin-Planque にある物流センター
Image credit: Wikimedia

新型コロナウイルスを原因とする大規模検疫は人々のオンラインショッピング利用を加速させた。結果、AmazonのようなEコマース企業を圧迫しはじめている。これを受けて、Amazonでは、フランスとイタリアでの非必需品と思われる商品の出荷を停止すると発表した。

「Amazon ItalyとAmazon Franceにて、一部の重要でない商品の注文を一時的に停止します。これにより配送センターの従業員は、顧客が最も必要としている商品の入荷と発送に集中することができる」と同社はロイターに対して声明を出した。

何らかの配送を提供する多くの企業と同様にAmazonは、COVID-19がイタリア全土で爆発的に増加して以降の注文が急増している。一方のフランスは先週、15日間の隔離期間を発表した。何百万人もの人々が自宅に閉じ込められているため、パンデミックはデジタルインフラにも影響を及ぼしたのだ。いくつかのストリーミングサービスは混雑を緩和するために配信クオリティを下げることを余儀なくされている。

こういったパニックは物理的な場所でも同様に発生し始めている。フランスではMonoprixやCarrefourなどの食料品チェーンで、突発的な食料品の配達需要に追いつくことができていないため、焦る買い物客に対し在庫が十分に確保されていることを注意喚起するハメとなった。

最前線で働く労働者も不安を募らせている。先週、フランスのサランにあるAmazonの配送センターで250人以上の労働者が国内の隔離政策に従うため休暇を希望し、抗議活動を行いました。ロイターによると、従業員らはAmazon社に対し配送センターの閉鎖あるいはより良い在宅勤務環境の提供を要請しているそうだ。

この状況はフランスのブルーノ・ル・メール経済相を動かしている。ル・メール氏はラジオのインタビューで「これらの圧力は容認できません。Amazonには通知する」と言及している。なお、従業員の主張の一部は、梱包している商品の多くは食料品ではないため、すぐに必要なものではないというものだった。

今回の発表はAmazonがこうした懸念に応えたことを示唆している。同社は赤ちゃん、健康、家庭用品、美容、ペット、そしてもちろん食料品に関連した商品の配送については継続するとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------