iPhone 12:5G対応なのにバッテリーの小さい「mini」は賢い選択とはいえないかも(4/4)

SHARE:
AppleのiPhone用MagSafe充電器とApple Watchのマグネット充電ケーブル、MagSafe対応クリアケース/Image Credit: Jeremy Horwitz/VentureBeat

(前回からのつづき)製造上の課題が報告されたため、5GがiPhone 12 miniにどの位の時間の短縮をもたらすのか、iPhone 12 Proよりも大きいiPhone 12 Maxにはどのような利点があるのか、といったことが明らかになるのは最初のテストから3週間先のことになるだろう。

既に述べたように、移動通信システムの新世代黎明期には、バッテリーの寿命は特に懸念される。ーー過去10年の「4Gをオフに」、これからやってくる10年の「5Gをオフに」ーーなどという“バッテリーを消耗させないための”屁理屈ともいえる提案では、新しいハードウェアを買う意味がなくなってしまう。人々は、新品のiPhoneが完全に使えるものであり、売られている時の性能がそのまま発揮されることを期待する権利がある。それどころか、5G網の迅速な構築というキャリアの約束がある以上、時間の経過とともにさらに優れたパフォーマンスを期待することになるだろう。

現在のスマートフォンへの投資で一般的であるように今後3年間使用するつもりでiPhoneを購入する場合、私なら長期的な使用が前提であればこそ4Gと5Gによるバッテリー性能を絶対に知りたいと思う。

さらには長年の経験からすると、通常どおり使用していてもバッテリーの寿命は2年間で最初の頃の80%に低下し、パフォーマンスも低下することが証明されている。言い換えれば、通話可能時間が当初8時間であったiPhoneは使用している半ばで6時間程度の電力しか供給されなくなり、デバイス自体はまだ利用可能で性能が落ちていなかったとしても、ユーザーは高価なバッテリーやデバイス全体の交換を検討する可能性があり得る。

バッテリーがより大きい(これまでの最大ではないが)という点で、サイズの大きいiPhone 12 Pro Maxを今年購入するのは、以前のPlusを買うより賢い選択かもしれない。Maxサイズの前機種が発売されたのは数年前のことだが、バッテリーが小さいiPhone 12 miniを購入するのはたとえ可愛くても実際には賢い選択とはいえないかもしれない。

いずれにせよ適切なテストだけがユーザーに確かなことを教えてくれる。今年4Gと5Gのテストを実行(もしくは再実行)している皆さんが、今後数週間のうちに我々が注目をするような神がかった速さを出すことを祈っている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】