受発注プラットフォーム「CO-NECT」が2.1億円調達、累計の流通商品数は昨年から5倍の500万点に

SHARE:

受発注プラットフォーム「CO-NECT」は12月22日、第三者割当による増資を公表した。引受先になったのはGMO VenturePartnersとダブルシャープ・パートナ ーズ、名称非公開の事業会社2社となっている。調達した資金は2億1,000万円で払込日や評価額などの詳細は非公開。調達した資金でサービスの機能開発強化を進める。2020年11月時点での累計流通商品数は500万点を突破し、1年で5倍の伸びになったことも公表している。

CO-NECT(旧サービス名はCONNECT)は飲食や小売などの事業者が、商品の受発注に使っている電話やFAXをデジタル化するクラウドサービス。発注側はスマホやPCから注文をまとめることが可能で、受注側は従来通りのFAXも併用しつつ、クラウドサービスへの移行が可能になっているのが特徴。2019年11月に正式リリースし、その後、受発注に関わる請求書の発行など、バックオフィス業務の効率化サービスに機能を拡張してきた。今回の調達を受けて、同社では受発注に連動する機能を強化するほか、API連携などの機能も追加するとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録