スタートアップも「合同で」ワクチン接種可能にーーCoral Capitalが支援先80社の職域接種を発表、他のVCパートナーも募集へ

SHARE:

ニュースサマリ:スタートアップ投資を手がけるCoral Capitalは4日、投資先スタートアップを対象としたワクチンの職域接種の実施準備が整ったことを伝えている。対象となるのは投資先80社の正社員や業務委託、インターンおよび家族で、希望者となる1,800名分のリストの準備も完了している。

同時に同社は投資先以外のスタートアップで働く人やその家族を対象とした合同職域接種の機会を提供する目的で、パートナーとなるVCの募集も開始している。今回の実施は同社の投資先であり、都内中心に9拠点を持つキャップスクリニックを展開するCAPSグループからの協力を受けたもので、パートナーとなるVCは接種を希望する投資先の企業を取りまとめる必要がある。

6月6日20時を締め切りとし、別途用意されている正式なフォームからの情報提出が必要。Coral Capitalと取りまとめをするVCパートナーの連絡はSlackで実施される予定。

ワクチンは政府から配布予定となっているモデルナ社製を想定しており、接種会場は都内を予定している。接種の日時は6月21日以降の早いタイミングを計画しているが未定としている。また、同社は但し書きとして、接種にあたる医療従事者やワクチンを調整中であり、全ての希望者の接種を保証するものではないとしている。なお、モデルナ社製のワクチンについては厚生労働省の情報を参照されたい。

今回、接種協力をするCAPSグループは年間で11万件以上のワクチン接種実績や大企業向けの接種運営実績も持っており、コロナ禍においては高齢者向け接種の急なキャンセル等で出たワクチンを未接種の人に回す「もったいないバンク」を発表している。

話題のポイント:最近、職域接種については政府方針が発表されてから、主に大企業での接種準備が報道されたりしていますが、スタートアップのような小さな事業者はこういった機会に不利です。と、思ったらそれを取りまとめる形でベンチャーキャピタルが動いていました。

Coral Capitalに確認したところ、接種会場や医療従事者の確保がやはりかなり難しかったそうですが、ファンドのLP出資している投資家や、前述のCAPSグループとの連携でなんとかこの発表にこぎつけたそうです。すごい。えらい。さすが。

もっとえらいのは対象を自社の支援先だけでなく、周囲の企業にも広げようとパートナーとなって取りまとめてくれるベンチャーキャピタルを募集しているところです。現在、かなりリクエストが多いらしく、しっかりと責任をもって情報を取りまとめてくれるファンド運営社に限定しているという説明でした。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録