おつりで投資できるアプリ「トラノコ」のTORANOTEC、保険商品の開発で住友生命と資本業務提携

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

少額投資サービス「トラノコ」を開発・運営する TORANOTEC は、今年8月に約29億円を調達したシリーズ C ラウンドで、住友生命保険の CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)「SUMISEI INNOVATION FUND」からの出資を受けたことを明らかにした。両社は業務提携も行い、「資産の健康」分野において、ウェルビーイングに貢献する商品やサービスの開発を含む事業共創を始める。両社は事業共創を通じて、若年層において始めるハードルが高い「保険」と「投資」のイメージを払拭し、若いうちから「資産の健康」に向き合える社会の実現を目指す。具体的には、おつり投資の利用者層に適した保険商品の開発、おつり投資と連動した新たな保険サービスの開発、おつり投資と保険をパッケージ化した福利厚生サービスの開発、若年層向けのマーケティング研究を共同で行う。

健康寿命と資産寿命の両立がますます重要となる今日の長寿社会において、住友生命と共に新たな事業を開発していけることを大変嬉しく思います。フィンテック分野での当社の強みを活かし、多くの人びとの長期的な資産の健康を支えていける真に価値のある商品やサービスの開発に邁進してまいります。(TORANOTEC 代表取締役 Justin Balogh 氏)

TORANOTEC は2016年、大手投資運用会社出身の Justin Balogh 氏により創業。同年リリースされた「トラノコ」は、クレジットカードやポイントカード・提携家計簿アプリなど日常生活で発生する買い物金額の端数「おつり」を計算し、毎月その合計が自動的に投資できるアプリだ。主要な金融機関と連携しており、これまでに累計で約30万件の口座が開設されている。

またTORANOTEC は最近、大手企業との提携を加速している。今年6月には東京電力エナジーパートナーと業務提携、電力などの個人需要家向け Web サービスのユーザに少額投資サービスを開始した。10月には、金融包摂センター(Center for Financial Inclusion)の世界のスタートアップ50社を表彰するコンテスト「インクルーシブ・フィンテック50」の1社に選抜された。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録