コロナ禍のミドルマネジメント層研修に需要増、コーチングのmentoがWiLから3.3億円調達

SHARE:

ニュースサマリ:コーチングサービス「mento(メント)」は4月6日、第三者割当増資の実施による資金調達を公表している。引受先になったのはWiL(World Innovation Lab)のファンドで、ラウンドはシリーズA。調達した資金は3億3,000万円。資金はセールス、エンジニア、プロダクトマネージャーを中心とする人材・組織強化に投じられる。また、同社は3月4日付で旧社名のウゴクからmentoへ社名変更したことも伝えている。

2018年2月創業のmentoはキャリアや仕事における人間関係などの問題を抱える人に役立つ、個人向けコーチングのマッチングサービスを展開している。審査を経て登録されたプロの所属コーチ数は今年1月時点で160名、サービスインからこれまでのコーチング実施時間数(セッション時間)は2万時間を超えた。

また2019年からは個人向けに加えて事業者向けのコーチングサービス「mento for Business」を展開しており、伊藤忠商事やディー・エヌ・エー、パナソニックといった大手、多業種に展開が拡大している。コロナ禍などもあり多様かつ自律的なマネジメント層を求める企業が増えており、ミドルマネージャー層の研修の需要増を受けて売上は2019年からの比較で20倍と大きく成長している。

同社では今後、所属コーチの拡大が事業成長の鍵を握るため、コーチ育成に必要なデータ解析、コーチングスキルの可視化を目的とした開発も手がけるという。

話題のポイント:アジア版Betterup、コーチングプラットフォームのmentoがシリーズAラウンドです。前回の調達が2019年、かつ今回も1社のみということで足元固めながら迎えたラウンドという印象です。堅実。

mentoが何をやっているのか、という話については以前にも同社代表取締役の木村憲仁さんにお話を伺ったり寄稿いただいたりしているので、そちらを参照ください。また、木村さんの取材はポッドキャストに収めてますので、今回の調達の背景や、コーチング市場についてのコメントは直接、彼の声をお聞きいただければ。

ポイントはやはりコロナ禍における企業の人材投資に対する変化かなと思います。採用中心から育成、という話題は今にはじまったわけではありませんが、それでもコロナ禍でリモートワークだったり、メンタル面での課題だったり、働く現場にはいろいろな変化があったと思います。

負担が増えたのはミドルレイヤーのマネジメント層です。上と下に挟まれるだけでも大変なのに、横からコロナ禍という変数がやってきたわけですから、チームをマネジメントしようにも決められないことが多すぎる状態になります。ここで重要なのが行動規範(バリュー)に則った自律的な行動ですが、そんなに簡単にはいきません。

コーチングは最初に目的を決めることから始めるそうです。外野が不安定な状況の中、一人ひとりのゴールを自分で見つけ出し、自律的な行動を導き出すコーチングに注目が集まったのは自然な成り行きなのかもしれません。

木村さんに導入した企業のフィードバック、良い点・悪い点をお聞きしましたが、定量的な効果というよりは、バランスが悪くなった職場環境を改善し、仕事へのモチベーション向上やワークライフバランスの最適化に貢献するなど、定性的な効果がやはり目立つというお話でした。結果的に職場の雰囲気がよくなる、ということなんだと思います。

一方、導入に失敗するケースは、なんとなく周りで流行ってるから、という「研修サービスを買いました」的なアプローチに多いそうです。受ける側がメンタルに関わる話をコーチと二人三脚でやるので、なんかよくわからないけど会社から降ってきた、では進まないのは理解できるところです。

ポッドキャストではこういった企業における人「財」投資の話など、市場の変化についても木村さんに語っていただいています。ぜひ彼の声を聞いてみてください。

※BRIDGE Membersの方にはポッドキャストの書き起こしを配信いたします。

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録