「メンズウェアの未来は、所有ではなくアクセス」——米国で人気、AIが選ぶシャツのレンタルサブスク「Taelor」

Image credit: Taelor

eBay や Facebook でプロダクト責任者を務めた Anya Cheng(鄭雅慈)氏が率いる男性ファッションのレンタルサブスクリプションサービス「Taelor」は4月28日、オーバーサブスクリプションのプレシードラウンドで230万米ドルを調達したと発表した。

このほか、エンジェル投資家として、Guitar Hero(吉他英雄)の創業者 Samantha Chien 氏と Kai Huang(黃中凱)氏 夫妻、Morgan Stanley Taiwanの元マネージングディレクタ Sean Chao(趙辛哲)氏、シカゴと関係のあるスタートアップにフォーカスするエンジェルグループ Chicago Early、女性主導でポテンシャルの高い企業にフォーカスする投資会社 Golden Seeds のシリコンバレー支部共同設立者から投資を受けた。

ファッションをサステイナブルに提供する

Taelor 共同創業者の2人。左から:鄭雅慈(Anya Cheng)氏、Phoebe Tan 氏
Image credit: Taelor

ファストファッションのブームで、ZARA、H&M、ユニクロなど国際的アパレルブランドが世界中にどんどん店舗を増やしている。人々は、大量の服を購入しても、一度しか着ないことに慣れ始めている。その結果、廃棄される衣服の山が深刻な環境問題となっている。

Taelor は、服のレンタルサービスを提供するだけでなく、一流のスタイリストを雇い、服選びを手伝ってもらうことでこの問題を解決しようとしている。AI を活用して、顧客のために服を選んでもらおうとしているのだ。

メンズウェアの未来は、所有ではなくアクセスだ。我々の使命は、人々が格好良く、目標を達成し、環境を救うのを助けることだ。(Cheng 氏)

若い世代はソーシャルメディアの影響でファッションへの意識が高く、サステナビリティを支持し、古着を購入することもある。だからこそ、Taelor は、見栄えを良くしたいが所有物は少なくしたいという多くの若い男性にとって本当に完璧なソリューションなのだ。(Taelor 共同創設者兼 COO の Phoebe Tan 氏)

Taelor に最初に登録した顧客は、スタイルに関するアンケートに回答し、Taelor のスタイリストによる個人的なカウンセリングを受ける。そして、スタイリストと人工知能(AI)が、顧客の好みに合わせて洋服を選んでくれる。洋服は客に発送され、客は数週間着用して返品するか、通常の小売価格の最大70%オフで購入することができる。その後、客にはまた新たな箱が届けられる。

ドレスシャツ、ジャケット、ポロシャツ、ヘンリーシャツなど、4種類のアイテムが各ボックスに収められている。近日中にパンツも加えられる予定だ。ドライクリーニングと往復送料は共に無料なので、衣類のレンタルと返却を簡単に行うことができる。

Taelor は、個人顧客だけでなく、企業と連携し、社員やクライアントへの特典やギフトとしてサブスクサービスを提供する計画だ。また、独自のデータを活用し、ブランドや小売業者がトレンドを予測し、売れ残り在庫を削減できるよう支援する。

Taelorは、アパレル・ブランドにとっての出発点のようなものだ。SaaS データ企業として、ブランドや小売業者が製品をテストし、新しい顧客を見つけ、消費者の真の好みを発見する手助けをするのだ。(Cheng 氏)

Taelor は、R2 Amsterdam、Son+Fathers、REESEDELUCA、TAGS など、すでに100以上のアパレルブランドと提携している。 消費者の購買率は30%近くに達し、継続率は90%を超えている。

Taelor 創業者のチームメンバーと Tim Draper 氏。
Image credit: Taelor

Taelor は、多くの注目と評価を受けている。伝説の投資家 Tim Draper 氏が主催するスタートアップコンペティション「Draper Demo Day」で優勝した。また、台湾の 500 Global アクセラレータにも選出された。

Chen 氏によれば、今回の資金調達は、台湾での技術チームの構築や、台湾の衣料品業界との協力関係の加速など、グローバルな採用拡大に充てられる。また、今回の資金により、台湾やアジアの既製服を中心としたアパレルブランドとのコラボレーションを拡大する予定だ。

この計画では、既製服メーカーは Taelor に在庫を預け、レンタルや再販を行うことができる。Taelor を利用して、これから市場に出る新しい製品をテストしたり、アメリカ市場への新しいゲートウェイにしたりすることができるという。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録