XTech Ventures、130億円を調達し2号ファンドを最終クローズ

SHARE:
Image credit: XTech Ventures

XTech Ventures(クロステック・ベンチャーズ) は13日、2021年2月に組成開始を明らかにしていた(実際の組成開始は2020年12月)2号ファンドをファイナルクローズしたと発表した。当初調達上限額を100億円に設定していたが、最終的にオーバーサブスクライブして約130億円を調達し着地した。

53億円だった1号ファンドの2倍以上の金額となる。5月11日までに23社への投資を実行済だ。2号ファンドの組成時には、チケットサイズ1.5〜2億円程度で40〜50社への出資を目指すとしていたので、概ね半数への出資が完了していることを意味する。

以前から運用している1号ファンドについては、投資した39社のうち、2021年に伝えたトリコ、スペースマーケット(東証:4487)、オネストフードのイグジットに加え、直近の約15ヶ月でスローガンが IPO、モノカブとアンターが M&A、コールドクターがトレードセールの形で、それぞれイグジットしている。

2号ファンドから投資された領域とスタートアップ
Image credit: XTech Ventures

2号ファンドからの投資先のイグジットについては、今のところ明らかになっていない。2号ファンドでは、最初のラウンドで投資したスタートアップに対し、のちのラウンドでフォローオン出資する事例が増えているという。

XTech Ventures は今年2月、インキュベーションプログラム「X-Gate」をローンチした。このプログラムの第1期には6社が採択されたことが明らかになっている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録