タグ CB Insights

CB Insights、2021年の世界のスタートアップ資金調達動向を発表——ユニコーンの4社に1社がフィンテック

SHARE:

CB Insights が年次の世界スタートアップ資金調達動向をまとめた「State of Venture」を公開した。世界的に見て、投資実績が史上最大規模であったのに加え、フィンテック分野が急成長した。2021年、ユニコーンになった4社に1社はフィンテックスタートアップであることが分かった。2022年はフィンテックスタートアップの成熟につれ、さらなる成長傾向を見せることになりそうだ。 世界のユニ…

Image credit: CB Insights

CB Insights が年次の世界スタートアップ資金調達動向をまとめた「State of Venture」を公開した。世界的に見て、投資実績が史上最大規模であったのに加え、フィンテック分野が急成長した。2021年、ユニコーンになった4社に1社はフィンテックスタートアップであることが分かった。2022年はフィンテックスタートアップの成熟につれ、さらなる成長傾向を見せることになりそうだ。

  • 世界のユニコーン数は959社で2020年に比べ69%増加、1年だけで517社増加した。時価総額100億米ドル以上のデカコーン企業は144社。
  • 2021年のグローバルベンチャー投資は621億米ドルで、2020年比2倍以上増加した。第4四半期には史上最大の資金が集まり、6四半期連続で成長を見せた。世界全地域で記録的な成長を示し、上から規模の大きい順に、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、中南米だった。
  • 10億米ドル以上のメガラウンド投資は、2021年初めて1,000社は超え1,556社を記録した。メガラウンド投資は世界の投資件数の5%を占めたが、金額ベースでは59%を占めた。
  • アメリカで調達された資金は、史上最高額の311億米ドルに達し、世界の投資額の半数以上を占めた。投資件数も12,281件と史上最大を記録した。アーリーステージが投資件数の55%を占め、2022年はベンチャー市場のさらなる活性化が予測されている。
  • アジアは投資件数で12,484件を記録し、アメリカの投資件数を突破(7年ぶり)、2021年の世界の投資の36%を占め史上最多を記録した。中国のスタートアップ投資はアジア全体の50%を占めた。アジアにおける投資金額は178億米ドルで、昨年から89%増加した。
  • 2021年、世界で M&A が初めて1万件を突破した。2020年に比べ58%の増加。デジタルトランスフォーメーションがすべての産業分野の企業の必須条件となり、スタートアップ買収や合併を促進。M&A は6四半期連続で増加し、2021年第4四半期に最多の2,938件を記録した。
  • SPAC(特別目的買収会社)上場の時価総額中間値は、IPO 上場の時価総額中間値5億4,700万米ドルより高い16億米ドルだった。SPAC 上場は IPO 上場より早く推進できる代替手段となり、2021年に247%増加した。SEC(米国証券取引委員会)の規制により、2022年は成長は鈍化すると予想されている。
  • 2021年、フィンテックスタートアップが調達した資金総額は132億米ドルで、投資金額の21%を占めた。投資金額は2020年に比べ169%増加し、ユニコーン4社に1社はフィンテック企業だった。フィンテックスタートアップは、すべてのシードラウンドで最も多くの割合を占めており、2022年のスタートアップ成熟度に応じて爆発的に増加すると予想される。
  • 2021年に最も多くの投資を実行投資した会社は Tiger Global Management で、投資先は328社に上った。2021年第4四半期だけで107社に投資。次いで、SOSV が314社、Sequoia Capital China(紅杉資本)が276社。
  • サンフランシスコを含むシリコンバレーは、現在もアメリカ最大のテクノロジー投資の中心地だ。シリコンバレーのスタートアップが調達した金額総額は105億米ドルで、2020年に比べ2倍増加した。2位のニューヨークは2020年に比べ3倍に増加した。バイオテック市場が成長し、ボストンが3番目の地域に上がった。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


AIスタートアップ、2020年Q2は2017年以来最低のスランプに【CB Insights調べ】

SHARE:

2020年の第2四半期、ベンチャーキャピタルによるAIスタートアップへの支援は大幅に減少した。AI業界はパンデミックの影響を受けないかのように見えていたが、ついに巻き込まれてしまった。 CB Insightsのレポートによると、4月〜6月におけるAI関連のスタートアップによる資金調達は458件で72億2,000万米ドルだった。2020年第1四半期の506件84億米ドルからの減少となった。 レポート…

Image credit: Pixabay

2020年の第2四半期、ベンチャーキャピタルによるAIスタートアップへの支援は大幅に減少した。AI業界はパンデミックの影響を受けないかのように見えていたが、ついに巻き込まれてしまった。

CB Insightsのレポートによると、4月〜6月におけるAI関連のスタートアップによる資金調達は458件で72億2,000万米ドルだった。2020年第1四半期の506件84億米ドルからの減少となった。

レポートでは、第1四半期にWaymoが22億5,000万米ドルを調達した巨額のラウンドにより調達金額に偏りが生じたとされている。Waymoはラウンドを30億米ドルまで延長したために残りの7億5,000万米ドルは第2四半期に含まれることになった。だが、懸念されるのは取引件数の減少傾向だ。2020年第2四半期のAIスタートアップの取引件数458件というのは、2017年第2四半期の取引件数387件に次ぐ最低記録だ。

取引の減少はシードラウンドの減少によるものと考えられる。ベンチャーキャピタリストは成熟したAI企業へ投資しているようだ。同レポートには第2四半期に行われた1億米ドルを超える「メガ」ラウンドが15件もリストアップされている。

2020年にかけて、AIはベンチャーキャピタルの最もホットなセクターのひとつになった。2019年、全世界のAIスタートアップによる資金調達は、2018年の1,900件221億米ドルから増加し、2,200件266億米ドルの記録を打ち立てた。2020年に入ってから初めの3カ月間はまだ新型コロナウイルスの影響が深刻化しておらず、506件84億米ドルとAI業界は安定していた。

それでも、米国はAIスタートアップの資金調達において優位を保っていた。全取引件数のうち中国のAIスタートアップは15.5%(71件)だったのに対し米国は39.5%(181件)、調達額は中国が13億5,000万米ドルだったのに対し米国は42億2,400万米ドルだった。

今年、世界的なパンデミックにより、AIはヘルスケアの研究や追跡などの分野で好調だ。同レポートによると、ヘルスケア関連で活動するAI企業の取引件数は第2四半期で84件であり、第1四半期の82件から増加している。しかし金融関連のAIなど他の分野では減少している。

IPO市場は閉じたままだが、レポートによると買収は第1四半期の29件から増加し47件行われた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


2019年のAIスタートアップは266億ドル(約2.9兆円)調達、過去最高に

SHARE:

CB Insightsは1月22日、世界のAI投資動向の年次調査データを発表。AIスタートアップは2019年に266億ドル(日本円で約2.9兆円)を調達し、世界中で2,200件を超える取引を行ったと報告している。 2018年の投資実績は約1,900件の取引に対して約221億ドル、2017年には合計で約168億ドルを約1,700件に対して投じているので、これらの実績と比較して記録的なものとなったこと…

AIStartupFunding

CB Insightsは1月22日、世界のAI投資動向の年次調査データを発表。AIスタートアップは2019年に266億ドル(日本円で約2.9兆円)を調達し、世界中で2,200件を超える取引を行ったと報告している。

2018年の投資実績は約1,900件の取引に対して約221億ドル、2017年には合計で約168億ドルを約1,700件に対して投じているので、これらの実績と比較して記録的なものとなったことがわかる。

CB Insightsのレポート「AI Numbers」の報告は、AIエコシステムへの投資に注目している他企業による分析と一致している。全米ベンチャーキャピタル協会は今月初め、全体的なベンチャーキャピタルの支出は昨年落ち込んだが、投資家は2019年に米国のAIスタートアップに記録的な184億ドルを費やしたと述べている。

自動運転、薬物研究、金融、顔認識技術などの分野で最高額の投資が行われており、民間投資額は700億ドルを超える。これは先月発表された「AIインデックス2019レポート」で報告されたものだ。

また「Crunchbase」は2019年のAIスタートアップの投資動向を振り返り、2019年比で投資が増加していることを同じく指摘している。一方、「Pitchbook」は2018年から2019年の間に取引規模と数の両方が減少したと報告している。

AIスタートアップ・ユニコーン数も2019年に増加した。新しいユニコーンには自動配達サービス「Nuro」とビジネス分析会社「DataRobot」が含まれる。下記はCB Insghtsのレポート内容となる。

Screen-Shot-2020-01-22-at-5.47.09-AM

  • アーリーステージの取引が引き続き堅調で、取引の70%以上がアーリーステージまたはシリーズAの資金調達ラウンドに進む。
  • UiPathMegviiNuroを含む10社が1億ドルを超える資金調達ラウンドを達成。 10社すべてが中国、英国、または米国に拠点を置いている。
  • 266億ドルのうち40億ドルを占めるヘルスケアは、AIスタートアップのディールをリードしており、金融(22億ドル)、小売(15億ドル)、販売、サイバーセキュリティなどの業界がそれに続く。
  • M&Aはヘルスケア、販売、小売業界で歴代最高となった。

Plug and Play Ventures、Accel、Lightspeed Venturesなどのベンチャーキャピタル企業は、2019年に最も多くの調達取引を扱ったVCであった。コーポレートベンチャーキャピタルでは、Intel CapitalとGoogle Venturesが多くの取引を扱い、日本のSBI Investmentがそれに続いた。中国のBaidu Venturesがリストの8位にランクされ、続いてSalesforce Venturesが続く。

コーポレートベンチャーキャピタルの取引数は、近年4倍に増加。 2014年には、コーポレートベンチャーキャピタルが99件の調達案件に参加し、2019年にはGoogleやIntelなどの企業のVCが435件に参加した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


ついにフィンテックでインドが中国に追いつく【CBIレポート】

SHARE:

ピックアップ:Global Fintech Report Q3 2019 ニュースサマリー:CB Insightが、四半期毎にフィンテック・スタートアップ市場についてデータ分析するレポート『Global Fintech Report Q3 2019』を公開した。当該レポートではインド市場におけるスタートアップ総調達額がついに中国を上回ったことが判明している。 具体的には、2019年第3四半期におけ…

pexels-photo-1260801.jpeg
Image Credit : Pexels

ピックアップGlobal Fintech Report Q3 2019

ニュースサマリー:CB Insightが、四半期毎にフィンテック・スタートアップ市場についてデータ分析するレポート『Global Fintech Report Q3 2019』を公開した。当該レポートではインド市場におけるスタートアップ総調達額がついに中国を上回ったことが判明している。

具体的には、2019年第3四半期におけるインドのフィンテック市場の調達額は6億7,000万ドルであったのに対し、中国は6億6,000万ドルと僅差でインドが中国を追い抜かしている。一方、大型調達ディールの回数では、インドは33回であるのに対し、中国は55回と、こちらは中国が強さを見せている。

話題のポイント:今や中国とインドがアジアのフィンテックをリードする存在だということは周知の事実となりました。CB Insightによれば、2019年第3四半期のアジア圏(東南アジア地域を除く)のフィンテック・スタートアップによる資金調達は、総額18億ドルに到達し、その数は152回に及ぶといいます。ちなみに同期における欧州の調達額とディール数はそれぞれ17億ドルと182回、北米は43億ドルと90回でした。

このインドが6億7,000万ドル、中国が6億6,000万ドルであるという数値を踏まえると、すなわち両国だけでアジアのフィンテック市場の調達総額の3分の2を占めているということが分かります。以下のグラフを見ると、インドが中国を調達額で上回るのは直近1年で初めてのことであり、また中国の調達額が2019年に入り落ち込んでいることが分かります。

Screenshot 2019-11-22 at 7.26.44 PM
Image Credit : CB Insight

インドの調達総額を押し上げたのは、クレジットカード・リワードアプリ「Cred」の1億2000万ドル調達やインシュアテック「Policy Bazzar」の1億3,000万ドル調達などの超大型ディールです。

<参考記事>

・創業9カ月で1.5億ドルを調達したインドのクレジットカード・リワード「Cred」とは?

また、実施投資回数を見るとインドが33回、中国が55回。合わせて88回(57%)と半分以上を占めていることが分かります。下図では2019年第2四半期において、インドが一度中国の投資回数を上回ってはいるものの、これは中国の調達数激減による勝ち越しだといえるでしょう。

Screenshot 2019-11-22 at 7.26.34 PM
Image Credit : CB Insight

ここ数年のアジアのフィンテック市場でインドが徐々に中国の背中を捉え、調達額やディール数にて勝ち越すケースが生じていることが分かります。

Alibaba(阿里巴巴)関連企業のAnt Financial(螞蟻金融)やTencent(騰訊)が中心となり、先んじて巨大なフィンテック・エコシステムを構築する中国ではありますが、インドも決済サービス「PayTm」を筆頭にレンディングや保険領域でもユニコーン企業を輩出、その勢いは止まることを知りません。

ただ、PaytmはAnt FinancialとAlibabaからバックアップを受け大成したことから、資本戦略的に利害関係を共にするインドと中国の企業が多くいることも事実。そのため対立構造的な見方は今後薄れていくともいえるでしょう。

両国は共に人口が13億人と巨大な市場を持つ一方、既存金融の発達度合いも先進国に比べれば低いため、新しいサービスが急激に広まるリープフロッグ現象が起きやすい環境であるという共通性を持っています。そのため、今後もその勢いは止まることなく、アジアのフィンテックをリードし続けていくと予想されます。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


スタートアップがユニコーンになる確率は1%、67%は廃業・もしくはリビングデッドに【CBI調査】

SHARE:

ピックアップ:Venture Capital Funnel Shows Odds Of Becoming A Unicorn Are About 1% via CB Insights ニュースサマリ:ユニコーン(未公開企業かつ評価額が10億米ドルの企業)になる確率はスタートアップの1%足らずーーこのような調査結果が公表されている。調査したのは米調査サイト「CB Insights」で、ベンチャーキャ…

grey skulls piled on ground
Photo by Renato Danyi on Pexels.com

ピックアップ:Venture Capital Funnel Shows Odds Of Becoming A Unicorn Are About 1% via CB Insights

ニュースサマリ:ユニコーン(未公開企業かつ評価額が10億米ドルの企業)になる確率はスタートアップの1%足らずーーこのような調査結果が公表されている。調査したのは米調査サイト「CB Insights」で、ベンチャーキャピタルから出資を受けた1119社を対象にしたもの。米国拠点で2008年以降、2018年8月までにシード投資を受けた企業の内、次の投資ラウンドに進んだのは534社。中でも10億ドル以上の評価を受けた企業はUberやAirbnb、Slackなど12社に留まる。

話題のポイント:スタートアップ調査のCBIが昨年ぶり(※)のコホート調査結果を公表していました。ユニコーンに並んで興味深い数字がリビングデッドです。例えばセカンドラウンドでは158社が売却に成功していますが、残り427社は調達に失敗しています。こういった次に進めない企業は全体の67%でそのままいけば廃業になるんですが、問題は「生き存えてしまう(self-sustaining)」場合です。

例えばメディア事業が少しヒットしてシードは調達できたけど、伸びが悪くセカンドには進めなかった。けど、アドセンスが僅かばかり回ってしまったせいでやめられなくなってしまった、みたいな話はあるあるです。

これを「リビングデッド」と呼ぶのですが、投資を受けた以上スモールビジネスとして継続するという選択肢はあまり考えられません。次のチャレンジに進むか、株を買い戻すかいずれかが必要で、意外とスタートアップビジネス本場の米国でもそういう事例があるのだなと思わせる結果でした。ま、やってる本人は信じてやってるのでここの見極めはものすごく難しいんですけどね。(初出時に67%がリビングデッドと書きましたが、正しくはこの廃業も含めての数みたいです。詳しい割合は明示されてませんでした)

※昨年レポートも同一記事の下に掲載されてます

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録


未公開企業DBサービスのCB InsightsがシリーズAで1,100万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ>CB Insights Raises $10 Million in Series A Funding  未公開企業のDBサービスを運営するCB InsightsがシリーズAで1,000万ドル調達しました。 CB Insightsはスタートアップの資金調達状況や業界レポートをVCや事業会社向けに2008年から提供しており、今後は市場機会を捉えるため今までのレポートだけでな…

Venture Capital Database

<ピックアップ>CB Insights Raises $10 Million in Series A Funding 

未公開企業のDBサービスを運営するCB InsightsがシリーズAで1,000万ドル調達しました。

CB Insightsはスタートアップの資金調達状況や業界レポートをVCや事業会社向けに2008年から提供しており、今後は市場機会を捉えるため今までのレポートだけでなくAIやM&A予測の分析などのサービスも提供しアクセルを踏んでいく模様です。

CB Insightsと同様のサービスを提供するMattermarkやCrunchbaseなどもVCから調達しており、各々がDBビジネスのスケールにどのように取り組んでいくのか注目です。

via TechCrunch

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録