THE BRIDGE

タグ Creww

広報力を強化したいスタートアップは要チェック、「夏のスタートアップPR応援キャンペーン!」がスタート

SHARE:

スタートアップと、スタートアップを応援する人・企業を結ぶスタートアップコミュニティ「creww(クルー)」が、プレスリリース配信サイト「ValuePress!」を運営する株式会社バリュープレスと共同し、「夏のスタートアップPR応援キャンペーン!」を開催する。 このキャンペーンでは、スタートアップたちを「ValuePress!」のプレスリリース配信サービスを通して支援していく。スタートアップは、「c…

creww pr

スタートアップと、スタートアップを応援する人・企業を結ぶスタートアップコミュニティ「creww(クルー)」が、プレスリリース配信サイト「ValuePress!」を運営する株式会社バリュープレスと共同し、「夏のスタートアップPR応援キャンペーン!」を開催する。

このキャンペーンでは、スタートアップたちを「ValuePress!」のプレスリリース配信サービスを通して支援していく。スタートアップは、「creww」に登録すると、「ValuePress!」のエコノミーコースを定価の15%オフの価格、25,500円で利用することができる。プレスリリース配信サービスの利用と合わせて、メディアとのコンタクト、広報PRに関する講座の開催、プレスリリース原稿の執筆・添削等のサポートも用意されている。

PRの仕方がわからないというスタートアップは思いの外多い。広報力強化の必要性を感じているスタートアップはキャンペーンへの応募を検討してみてはいかがだろうか?

Sd Japanの編集部へのプレスリリースはいつでも歓迎しているので、コチラからいつでもどうぞ。

----------[AD]----------

日本のスタートアップ・プラットホーム「Creww」が韓国に進出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 スタートアップが市場で自分の声を伝えられる効果的なプラットホームが出た。Crewwを利用すれば、スタートアップは自分のアイデアを市場にPRでき、スタートアップでなくとも、誰でもアイデアのみでチーム構成や会社の設立ができる。前日の2012年6月9日日本で初めてローンチした以降、今日まで2,500の企業が登録し、現在も200余りの新しいプロジェクトのプロフィールが…

【翻訳 by Conyac】【原文】

スタートアップが市場で自分の声を伝えられる効果的なプラットホームが出た。Crewwを利用すれば、スタートアップは自分のアイデアを市場にPRでき、スタートアップでなくとも、誰でもアイデアのみでチーム構成や会社の設立ができる。前日の2012年6月9日日本で初めてローンチした以降、今日まで2,500の企業が登録し、現在も200余りの新しいプロジェクトのプロフィールが作成されている。

「社会に革新をもたらすというエネルギーや熱情。Crewwはそういった目的を持った人に必要な環境です。」

CrewwのCEO 伊地知天(そらと)氏は。本サービスを提供した動機を語った。

Crewwの最大の魅力はプロジェクトを詳しく説明できるプロフィール・ページだ。「Aims」と呼ばれるこのページで、企業の目標、現在の活動、各種お知らせ、求人情報、報道資料などの内容を、タイムラインを基盤に紹介できる。Facebook や Twitter を連動させる機能もあり、プロフィール・ページをフォローするファンを管理できる機能も備えている。

スタートアップはこのプラットホームを通じ簡単にファンと交流でき、潜在的な投資家にも会える。プロジェクトのビジョンに共感する人達は「Rally Supporters」になり、チームに合流したり、サポートすることができる。

「革新を通じて説明できる社会」をビジョンとする、Crewwの創業者・伊地知氏は、これまでに4つの会社を創業した経験をもつ進歩的な起業家だ。彼は、起業家のコミュニティーが活性化すると、スタートアップ・エコシステムによい影響を与えると確信するようになった。それぞれの企業がフィードバックを受け、みんなで問題に取り組むことでアイデアを一緒に発展させることができれば、スタートアップが足を踏み出すのに大変役立つことに気付いた。Crewwの共同創業者には、AOL Japan や Nike Japanの元会長、CAMPFIREの共同創業者のように、様々な背景を持った人たちがいる。

「韓国にあるモバイルコンテンツやソーシャルゲームが日本の投資家たちから注目を浴びています。韓国と日本のスタートアップが出会って、助け合えるパートナシップもたくさん築けると思います。私たちは韓国スタートアップをCrewwのオフラインイベントに招待して、日本の投資家たちにサービスを紹介する場を持ちたいを考えています。」

伊地知氏は、韓国のスタートアップたちとこれから緊密な関係を築いていきたいと語った。

現在Crewwのウェブサイトは英語と日本語はもちろん、9月からは中国語と韓国語のサービスも提供している。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

アジアのスタートアップのデータベースを構築するCreww

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 最近、東京でCreww.meの人々を紹介してもらえたのはラッキーだった[1]。日本を拠点とするこの企業は、確実に必要とされているものだ。日本とアジア地域のスタートアップのデータベースを収集することを目的にしながら、いくつかの大きな目標を掲げている。 CEOであり設立者である伊地知天(いちじそらと)氏と、Crewwの広報担当の石井こずえ氏に話をする機会に恵まれ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

最近、東京でCreww.meの人々を紹介してもらえたのはラッキーだった[1]。日本を拠点とするこの企業は、確実に必要とされているものだ。日本とアジア地域のスタートアップのデータベースを収集することを目的にしながら、いくつかの大きな目標を掲げている。

CEOであり設立者である伊地知天(いちじそらと)氏と、Crewwの広報担当の石井こずえ氏に話をする機会に恵まれた。石井氏はこれまでしてきたことを中心に、地元のスタートアップを支援するための計画を詳しく語ってくれた。

Crewwとは?

Crewwは起業家のためのオンラインコミュニティです。チャレンジすることに情熱を抱き、チャレンジのためのリスクを恐れない人々を私たちは起業家と定義しています。自身の目標を追いかけ、変化を求め、冒険心を持っている人々です。Crewwには現在、2,500名以上の起業家、投資家、デベロッパー、デザイナーが登録しています。

私たちの主な特徴のひとつは、スタートアップのデータベースです。このデータベースは、ある意味でスタートアップのコーポレートサイトとして機能します。そこには採用情報、プレス記事のアーカイブ、アクティビティなど、スタートアップが彼らのファンに向けて公表する必要のあるすべての情報が収められています。このデータベースのインタフェースを「Aims」と名づけました。Aimsはスタートアップとファンのつながりを強化するために開発されました。

目標を掲げ、それに対する現在の状況を示すことで、ファンに対して目標達成に必要なものを伝えることができます。やる気のある人々が新しいアイディアでお互いを高め合っていけるようなコミュニティを築いていきたいと考えています。

Crewwの設立とその背景について

Crewwプロジェクトは2011年の夏、creww.meの設立者でありCEOである伊地知天によって始められました。ウェブサイトは今年の7月9日にベータ版としてリリース。社会に多くのイノベーションをもたらす場を提供するというアイディアから生まれました。

Creww設立のきっかけは?

伊地知天はカリフォルニア州立大学に在学時の21歳のとき、ロサンゼルスでウェブコンサルティング企業を設立しました。その後、東京とフィリピンのセブに支部を開設しました。2011年に家族行事のために日本に帰国し、東京を拠点とする起業家たちと過ごす機会がありました。彼らの話を聞いて、日本、そしてアジア地域全体におけるスタートアップの環境を改善できると気づいたのです。

チームについて少し教えてくれますか?

・伊地知 天(設立者兼CEO):シリアル起業家、Creww、SKYAVY、Oliの設立者。彼が手がけた以前のスタートアッププロジェクトは2010年にアメリカ企業に買収されました。
・家入 一真(共同設立者):シリアル起業家、Paperboy&co. 設立者(東京株式市場にて株式公開済み)、Hyper Internets社長
・平松 庚三(アドバイザー):小僧com株式会社社長兼CEO、株式会社ライブドアの前CEO、AOLジャパンの前社長兼CEO
・秋元 征紘(アドバイザー):日本KFCの前取締役員、ナイキジャパンの前CEO、ゲランの前社長
・中島 晋哉(アドバイザー):高島屋で10年以上バイヤーとして勤務、スターバックスコーヒージャパンの前副社長
・豊田 圭一(アドバイザー):スパイスアップ・ジャパン前役員、ラストリゾート前取締役員

Crewwのユーザは現在何人ですか?

約2,500人のユーザと200のプロジェクトがあり、その多くは日本を拠点としたものです。私たちは今月からサービスをアジアに拡大する予定です。

スタートアップや起業家がCrewwに参加すべき理由と利点は?

Crewwに参加して得られる最大の利点は、革新的なコミュニティの中でスタートアップと起業家がつながりを築いていけることです。このコミュニティではスタートアップとそのメンバーは横のつながりを広げることができます。例えば、スタートアップは他のメンバーからフィードバックを受けることでプロジェクトの質をさらに改善することができます。

Crewwの収益モデルは?

Crewwには、スタートアップのビジネス取引を手助けする「クラウドバックオフィス」というものがあります。スタートアップが企業として立ち上げようとすると、様々な法的書類の処理が必要となります。スタートアップはあらかじめ必要な情報を登録し、必要な時に公式フォーマットでダウンロードすることができます。

また、ソーシャル調査も提供しています。Crewwコミュニティの人々は探究心があり、トレンドに非常に敏感です。あるサービスがプロジェクトを公開すると、Crewwメンバーはそのサービスに対してアドバイスやフィードバックを提供します。それがプロジェクトを改善していくための参考になります。Crewwメンバーからのコメントは、革新的なサービスを構築していく上で何より信頼できる情報源なのです。

競合は?そして競合との違いとは?

競合にはAngel Listが挙げられますが、CrewwとAngel List間の最も大きな違いは、重点を置くステージでしょう。Angel Listではスタートアップには投資家たちを求めていますが、Crewwではスタートアップと起業家たちの間の強いつながりに重点を置いています。Crewwには人と人をつなげるための機能が幾つかあり、「おすすめ」機能で自分と同じ関心を持つ人を探し出すことができます。「出会い」機能を利用することで、Crewwの人々とオフラインで会うリクエストを送ることもできます。

もう1つの違いはターゲットエリアで、Angel Listは英語のみ提供、主な対象企業はアメリカとヨーロッパのスタートアップとなっています。Crewwのウェブサイトは、英語、日本語、中国語、韓国語に対応しています。私たちの主要ターゲット国は、日本、シンガポール、インドネシア、中国、そしてその他の東アジアの国々です。現時点では、私たちが東アジア市場における唯一のスタートアップコミュニティとなっています。

何か今後の計画などあれば教えてください。

東南アジア全域にCrewwを拡張する予定です。Tech in Asia [2]とこの地域での他のスタートアップメディアとの提携を皮切りに、Creww登録メンバーとプロジェクトを招く準備が整っています。


[1]. 長年のブログフレンドのSerkan Toto氏に対し、素晴らしい人々に引き合わせてくれたことに今一度多大な感謝を表明したい。
[2]. 編集者注:アジアのスタートアップにスポットライトを当てるというCrewwの目的がTech in Asiaの主要目的のひとつでもあることから、私たちはお互い助け合い、またエコシステム全体に役立つ可能性がある場合、共に活動していく努力をする。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

【TokyoMeetup2012】ShowCase part1–仲間探しプラットフォーム「Creww」、短期ステイ先のマーケットプレイス「roomstay」、グリーティング映像アプリ「greetingVid」

SHARE:

StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」が開催された。イベント当日は、起業家、VCなどによるセッションとパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス9社によるショーケースピッチがおこなわれた。 ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。 まずご紹介するのは、Creww、roomstay、greet…

StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「TokyoMeetup2012」が開催された。イベント当日は、起業家、VCなどによるセッションとパネルトーク、そしてスタートアップ・サービス9社によるショーケースピッチがおこなわれた。
ここでは、ショーケースピッチをおこなったスタートアップを紹介する。

まずご紹介するのは、Creww、roomstay、greetingVidの3チーム。

Creww

チーム:Creww

仲間探しプラットフォーム。起業家、アドバイザー、投資家やスタートアップなどの情報を登録して適切なパートナーを探すことができる。

利用するにはまずアカウントを開設し、プロフィール情報を入力していく。基本情報、自己PR、過去の実績、講演、取材、出版履歴などだ。Creww上ではスタートアップページと、企業ページを作成することができる。スタートアップページは個人・法人問わず、サービスやプロジェクトを紹介するページのこと。ユーザはスタートアップページを作る事により、ファンを集め、仲間を集める事ができ、個人やプロジェクトのプレゼンス、露出度を高めることが可能だ。

Crewwは”なにをやるか”から”なぜやるか”に焦点をあてている。ビジョンに集う人は、お金などを最優先にしない。問題がおこったときにすぐに最善でおこなう。そこに価値があり、そこに共感する人を集めるころがCrewwの理念だ。日本にいけるイノベーターが活きる社会を目指す、それがCrewwだ。

現在、クローズドベータ版のテストをおこなっているが、1,200名のユーザと100程度のプロジェクトが投稿されている。

リリースは、7月9日に正式公開で完全招待制でおこなう。

roomstay

チーム:みんなのマーケット

続いてプレゼンテーションを行ったのは、roomstay

roomstayは、旅先で短期ステイ先を借りることのできるマーケットプレースで、日本版Airbnbとも呼べるサービスだ。旅行先の短期間の滞在ながら、観光客としてだけでなく、暮らすように旅をすることを理念としている。サービスは、貸したい部屋をもっているユーザと、短期間部屋を借りたいユーザとをマッチングさせる。サービスがスタートしたのは今年の4月。3ヶ月で登録されている宿泊先は、世界34カ国、218数もの部屋の情報が掲載されている。

今後も、部屋を掲載してくれるユーザ、またサービス開発にともなうエンジニアを募集している。

greetingVid

チーム:moso

mosoは6月に開催されたStartup Asia in JakartaのStartup Arenaで優勝したチームだ。mosoは今回のプレゼンで、新しいサービスの初公開を行った。mosoがしかける新たなアプリケーションは、動画でグリーティングカードを送ることのできるiOSアプリ。

作成できる映像の時間は数秒単位。多種多様なアニメーションやエフェクトを用意しており、それを使用することでユーザは簡単にメッセージ付きの映像を制作できる。制作した映像はTwitter、Facebook上でシェア可能だ。これまで映像を撮影することや、撮影した映像をシェアすることが日常的でなかったユーザも、greetingVidの登場によって映像ライフが楽しむようになるかもしれない。

GreetingVidを使っているユーザの投稿が閲覧することも可能だ。また、友人を招待したりグリーディング動画を送るとポイントを取得でき、特定のポイントを集めることで、動画のエフェクトのテンプレートを購入することができる。

リリースは、7月末を予定している。

以上が、StartupDatingとPUXが7月7日(土)に共催した七夕ミートアップイベント「Tokyo Meetup 2012」におけるSHOWCASEの一部だ。このイベントの詳細はこちらで報告していくのでチェックしてほしい。

----------[AD]----------