THE BRIDGE

タグ アイルランド

アイルランドのPointy、シリーズBラウンドで1,200万米ドルを調達——Amazonに対抗する実店舗を支援

SHARE:

  アイルランド・ダブリンに拠点を置く Pointy は本日(7月12日)、大手 e コマース企業と競合する従来型小売店を支援するソリューションを拡充するため1,200万米ドルの資金を調達したと発表した。 Pointy は地域の実店舗向けに、ウェブサイト上で効率的に現在の在庫数を表示できるサービスを開発している。同社の設立者らによると、自宅から数分のところで同じ商品を購入できるのに、人々…

 

Pointy-Box-A
Pointy
Image Credit: Pointy

アイルランド・ダブリンに拠点を置く Pointy は本日(7月12日)、大手 e コマース企業と競合する従来型小売店を支援するソリューションを拡充するため1,200万米ドルの資金を調達したと発表した。

Pointy は地域の実店舗向けに、ウェブサイト上で効率的に現在の在庫数を表示できるサービスを開発している。同社の設立者らによると、自宅から数分のところで同じ商品を購入できるのに、人々はそれに気づかずオンラインで注文し、到着するまで数日待つことを選択しているという。

この在庫システムを実現すべく、Pointy はレジのバーコードスキャナにつなぐ小さなデバイスを開発した。店側が商品をスキャンし在庫として取り込むと、その店舗のウェブサイト上に商品がリストアップされ、検索エンジン用に一覧表が最適化される。

共同設立者で CEO の Mark Cummins 氏は次のように語った。

アメリカの小売業者の間で急速に導入が進んでいます。そのおかげで、弊社の事業はさらに拡大できるでしょう。地元の小売店がオンラインでより可視化できるよう支援するために、私たちは Pointy を立ち上げました。100ヤード(訳注:約91.4メートル)先の店舗にある商品を、わざわざ Amazon で購入して、届くまで2日ほど待つのはバカげているように思えます。

Cofounder-Mark-Charles-2
Pointy 共同設立者の Mark Cummins 氏(左)と Charles Bibby 氏.
Image Credit: Pointy

1,200万米ドルの調達はシリーズ B ラウンドで行われ、Polaris Partners と Vulcan Capital がリードした。 Pointy の合計調達額はこれで1,900万米ドルとなった。過去には Draper Associates や Frontline Ventures、Matt Mullenweg 氏(WordPress の設立者)、Lars Rasmussen 氏(Google Maps の共同設立者)、Taavet Hinrikus 氏(TransferWise の共同設立者)、Michael Birch 氏(Bebo の共同設立者)から資金を調達している。

資金調達の他に、Square や Clover、Lightspeed など地元小売店に POS サービスを提供している企業と業務提携を締結した。また6月には、Google ともパートナーシップを結んでいる。これは、Google ページに店舗の在庫状況を表示できる 「See What’s In Store」と呼ばれる地元小売店の支援を目的とした、Google 戦略の一環で行われたものである。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ブロックチェーン活用フィンテックのTraXion、プライベートセールで260万米ドルを調達——銀行口座を持たない人向けに金融サービスを提供

SHARE:

インドとフィリピンに開発センターを持ちアイルランドを拠点とするブロックチェーン対応フィンテックスタートアップの TraXion は、プライベートセールで260万米ドルを調達した。 同社 CEO の Ann Cuisia 氏によると、トークンセールにより同社が「決済、ピアツーピアレンディング、送金、預金、保険、投資、フィランソロピーに対応した頼りになる仮想エコノミーになる」道筋が開かれるという。 2…

TraXion_CEO_Ann_Cuisia
TraXion の CEO Ann Cuisia 氏

インドとフィリピンに開発センターを持ちアイルランドを拠点とするブロックチェーン対応フィンテックスタートアップの TraXion は、プライベートセールで260万米ドルを調達した。

同社 CEO の Ann Cuisia 氏によると、トークンセールにより同社が「決済、ピアツーピアレンディング、送金、預金、保険、投資、フィランソロピーに対応した頼りになる仮想エコノミーになる」道筋が開かれるという。

2018年5月1日に始まったトークンのプレセールでは、400万米ドルの調達が目標とされた。

日取りは明らかにされていないが、クラウドセール(もしくは ICO)をローンチする計画がある。

2017年に設立された TraXion は、日常的ユーザにとってのインフラ構築に特化している。同社は、IBM の Hyperledger Fabric を活用しつつ消費者、企業、公的機関を仮想対応社会に移行させることを目指すオープンソースのブロックチェーン間台帳プラットフォームを提供している。

提供製品の1つである TraXionWallet は現在、ホワイトレーベルのウォレットソリューションとして使用されている。ここでは非営利団体が集めた資金を支払い用ゲートウェイ経由で指定の銀行口座に振り込むことができる。ユーザはウォレットを使うことで、寄付一覧、データアナリティクスその他レポートを確認することもできる。

起業家精神と投資を原動力とし、非株式組織・非営利団体の Seaman Entrepreneurs Advocacy Center により設立された船員向けコミュニティ Seamanpreneurs Consumer Cooperative(SEACOOP)は TraXion と提携することで、100万人もの船員たちに TraXionWallet を利用できるようにした。

TraXion は、提携により組合と船員による決済、投資、生損保、送金といった会員取引が容易になるとしている。TraXionWallet を活用することで、SEACOOP 会員は低い手数料での取引と迅速な処理時間というメリットを受けられる。

今回の資金調達について Cuisia 氏は次のように述べている。

当社では今後、現地通貨のトークン化により費用ゼロで金融資産を動かしたい企業向けのホワイトレーベル e ウォレットである TraXionWallet、インターオペラビリティ、データインテグリティ、サプライチェーン内の資産追跡を必要としているコングロマリット向けのビジネスソリューションプラットフォームである TraxionChain、良好なガバナンスを目指すワークフローにスマートコントラクトを提供する TraxionContract の開発に注力していきます。

同氏によると、TraXion は商業銀行と張り合う意図はないという。むしろ同社の eWallet は銀行の支店のような機能を果たし、それにより消費者はスマホを活用して様々な商品・サービスにアクセスできるようになるとみられる。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

アイルランド・ダブリン市、2,400万米ドルを投じフェリーターミナルを改装したスタートアップキャンパスを開設へ

SHARE:

ダブリンは、スタートアップ・キャンパスの流行に参加するヨーロッパの新たな都市になろうとしている。 今日(11月30日)、ダブリン市は The Harbour Innovation Campus を作る提案を発表した。提案されたキャンパスは、「地元および国際企業のための、最先端の共有イノベーションスペース」と説明されていて、以前フェリーの到着・出発ラウンジ、荷物ホール、チケット売場として使われていた…

The Harbour Innovation Campus の内装イメージ図

ダブリンは、スタートアップ・キャンパスの流行に参加するヨーロッパの新たな都市になろうとしている。

今日(11月30日)、ダブリン市は The Harbour Innovation Campus を作る提案を発表した。提案されたキャンパスは、「地元および国際企業のための、最先端の共有イノベーションスペース」と説明されていて、以前フェリーの到着・出発ラウンジ、荷物ホール、チケット売場として使われていた複数の建物を使って、面積7,500平方フィート(約700平方メートル)、1,000人が利用できる施設となる計画だ。歴史的建造物であるフェリーターミナルの外装は残されるが、内装は世界クラスのイノベーションキャンパスのニーズを提供すべく再活用され、すべてにデスクからは素晴らしい海の眺望が見えるようになる予定。

旧フェリーターミナルは、市中心部から20分ほど離れた Dublin Bay に位置し、この提案は地元のビジネスマン Phillip Gannon 氏によって指揮が執られている。

ダブリンが、沿岸地域のイノベーションハブになることを期待しています。それを形にしたのが、まさにこれです。

The Harbour Innovation Campus の中では、創業者、イノベーター、企業からが VC ファンド数社、幅広い経験豊かなメンター、ビジネスの成長支援に専念する多くのビジネスアドバイザーに会うことができます。

Ganon 氏は、BREXIT がイギリスとヨーロッパの関係性の不確実性を生み出す中、新しいキャンパスがその状況を活用し、より多くのスタートアップがアイルランドに魅力を感じる契機になり得ることを期待する、と述べている。

新キャンパスには、木・金属・プラスチック・電子部品を使った、クリエイティブ・プロトタイプデザインのためのメイカースペースも設けられる。大企業にも、スタートアップと肩を並べて仕事ができるスペースが提供される予定だ。

ヨーロッパでは現在、スタートアップ・キャンパスの建設が一大関心事となっており、パリ、ロンドン、ベルリン、リスボン、ヘルシンキ、ベニスが建設の意向を表明している。大きさについては、ダブリンのスタートアップ・キャンパスは、今年夏にパリにオープンした Station F に比べ5分の1程度になるだろうとのことだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

アイルランド発、お腹のガス溜まりの原因となる食べ物を突き止める消化トラッカー「Aire」

SHARE:

体に合わない食べ物を口にすることでお腹にひどい膨張感がもたらされる消化器症状は、約8人に1人の割合で見られると言っていいだろう。アイルランドのスタートアップ FoodMarble は、食がもたらす悩みの原因を正確に割り出すトラッキングデバイスとアプリを開発した。 Aire は FoodMarble のウェブサイトから現在99米ドル(現時点)でプレオーダーが可能だ。出荷は2017年半ばになる。センサ…

foodmarble-3
FoodMarble のブレサライザー「Aire」は、お腹の不快感を引き起こす食べ物を突き止める
Image Credit: FoodMarble

体に合わない食べ物を口にすることでお腹にひどい膨張感がもたらされる消化器症状は、約8人に1人の割合で見られると言っていいだろう。アイルランドのスタートアップ FoodMarble は、食がもたらす悩みの原因を正確に割り出すトラッキングデバイスとアプリを開発した。

Aire は FoodMarble のウェブサイトから現在99米ドル(現時点)でプレオーダーが可能だ。出荷は2017年半ばになる。センサーとスマートフォンを接続して健康状態を測定し分析してくれるデバイスは他にも多数ある。

FoodMarble の Aire は、数秒間息を吹き込むブレサライザー(呼気分析装置)のようなデバイスだ。呼気中の、食べ物が発酵することで発生するガスや、大腸できちんと消化されていない食べ物のガスをとらえ、1から100のスコアでその時点における消化面の快適性を評価してくれる。

VentureBeat とのインタビューで、ダブリンに拠点を置くFoodMarble の CEO、Aonghus Shortt 氏は、約15分おきにテストを実施することで最も不快感を感じる時間をトラッキングすることができ、さらに排せつを通して何が不快感の原因となっているかを割り出すことができると語る。

人によっては、過敏性腸症候群のように、日常生活に支障をきたす症状が見られる場合もあります。体が受け付けない食べ物があるのに、それがどの食べ物なのかを把握できていない場合があります。私たちの目的はそれを割り出せるようにすることです。(Shortt 氏)

Above: Founders of FoodMarble, maker of the digestive tracker Aire. Image Credit: FoodMarble
消化トラッカーAireのメーカー,FoodMarble の設立者ら
Image Credit: FoodMarble

大量に豆を食べた後にガス溜まりを感じたとしたら、なぜお腹が張っているのか当然ながら簡単にわかる。しかし、胃腸科専門医で FoodMarble の共同設立者でもある James Brief 氏は、一般的にはそう簡単にはいかないと言う。食物過敏症には通常、グルコース、フラクトース、ラクトース、ソルビトールが関わってくる。患者に不快感をもたらしている食べ物を割り出すためには何度も診察を重ねなければならず、時には何かを食べた数日後に診察を行わなくてはならない場合もあると Brief 氏は言う。消化性に関わる問題は、血液検査や大腸内視鏡検査といった通常の検査では発見できない。診断するにはむしろ、栄養士と一緒に細かく食べ物を調査する必要がある。

一般的に食べ物は、胃から小腸へと流れ体内に吸収される。大腸へと進んだ食べ物はバクテリアによって発酵が始まりガスが発生し、その結果ガス溜まり、お腹の張り、痛み、下痢などがもたらされると Brief 氏は言う。ガス粒子の一部は肺へと流れ込み、これらの粒子の存在を消化トラッカー Aire が検知するというわけだ。

Aire は FoodMarble.com から、予定小売価格より50米ドル安い99米ドルでプレオーダーできる。

Above: FoodMarble’s Aire detects food gas in your lungs. Image Credit: FoodMarble
FoodMarble の Aire は食べたものから肺に流れ込んだガスを検出する
Image Credit: FoodMarble

Aire デバイスに息を吹き込むと、食べたものと体との相性が良いか悪いかがわかる。筆者の呼気を調べたところベーススコアは36だったが、今後はこの値を基準とすることができる。スコアが100近い場合は何かしら問題がある。他にもストレスを示すさまざまな兆候や睡眠の質を検知できるが、将来的にはこれらを結果と関連づけることもできるようになる。

Aire デバイスには、ラクトースなどの特定固形食を含む、問題を引き起こす可能性のある食物(呼称:FODMAP)のサンプルもついてくるので、15分おきに Aire でテストし、どのように消化器官を進んでいくかをトラッキングすることもできる。テスト終了後、そのサンプルに対して体が反応を起こしたかどうかがわかるのだ。

COO の Lisa Ruttledge 氏によると、同社は小麦、果物、乳製品、その他多様な食物を含め、典型的な誘因要素を数多く検査できるという。同氏は、ある人が反応をもたらす食べ物を口にし、その約80分後に非常に高レベルのガスが引き起こされた一例を紹介してくれた。しかし反応は各人で異なる。

Brief 氏によると、このテストと同等の結果を得るには、1回500米ドル程度の診察を受けて検査を実施し、それを分析してもらう必要があるという。しかも通常、完全な分析には複数回の検査を時間をかけて行う必要がある。

このデバイスを実現できたのは、非常に優れたセンサーが登場したおかげでした。(Shortt 氏)

Shortt 氏が同社に勤め始めてから数年になる。当初 Shortt 氏は中国のハードウェアアクセラレータで開発に取り組んでいたが、このことがどういったデバイスを構築する必要があるかを考え出す際に役立ったという。デバイスには、複数のガスセンサーと、温度と湿度を検知するセンサーがついている。これらのセンサーは、病院で使われるレベルのガスクロマトグラフィー機器で採用されているセンサーとは異なる。

Breathometer Mint が同様のセンシング機能を採用しているが、同デバイスは慢性的な口臭といった歯科疾患の診断に用いられる。同社は近い将来、資金調達を行う予定である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Facebook傘下のVR企業Oculus、低消費電力LEDディスプレイを開発するアイルランドの「InfiniLED」を買収

SHARE:

Facebook が所有するバーチャルリアリティ(VR)企業の Oculus は、低消費電力 LED ディスプレイに特化したアイルランドのスタートアップ InfiniLED を買収したことを明らかにした。 InfiniLED は2010年の設立。University College Cork 内の、フォトニクス(光通信工学)やマイクロ・ナノエレクトロニクス(超微細電子工学)に特化したティンダル国立…

oculus-rift-620x390

Facebook が所有するバーチャルリアリティ(VR)企業の Oculus は、低消費電力 LED ディスプレイに特化したアイルランドのスタートアップ InfiniLED を買収したことを明らかにした。

InfiniLED は2010年の設立。University College Cork 内の、フォトニクス(光通信工学)やマイクロ・ナノエレクトロニクス(超微細電子工学)に特化したティンダル国立研究所からスピンオフする形で生まれた。同社は、その低価格やエネルギー効率のよさから、OLED(有機 LED)、プラズマ、LCD(液晶ディスプレイ)に続く次世代技術とされる、ILED(無機 LED、またはマイクロ LED ともいう)ディスプレイで名を馳せている。

Silicon Republic によると、InfiniLED のオフィスドアの表札が Oculus のものに置き換わったのに気づいた人たちが出始め、その後、地元メディアで買収のニュースが騒がれることになった。これとは別に、VentureBeat は Oculus から、InfiniLED が Cork 内にある Oculus の研究チームに参加したことを確認している。今回の買収の条件についても聞いてみたが、Oculus のスポークスマンは「今言えるのはそれだけ」と語った。

Oculus が低消費電力 LED ディスプレイを開発するチームに投資したいと考えていたことは驚くに値しない。また、同社が、自社 VR ヘッドセットのエネルギー効率の改善だけでなく、製造コストを下げる方法も見出そうとしていることを確認している。

Facebook は Oculus を2014年に20億ドルで買収したが、以来これまでの2年半にわたって、Oculus は他社買収を継続的に展開している。Oculus は2014年6月、Microsoft の Xbox 360 コントローラー、Kinect モーションセンンシングカメラなどのデザインを担当したシアトル企業 Carbon Design Group を手に入れている。その後、ゲームネットワーキングエンジンの RakNet、VR 企業の Nimble VR と 13th Lab、映像解析スタートアップの Surreal Vision、モーションセンシング技術スタートアップの Pebbles Interfaces を買収している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------