Poynterが3Dレンダリングショーケースをローンチ、世界を狙う

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2013.6.14

process3

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京を拠点にするスタートアップ、Poynterが昨日、3Dモデラーたちが彼らのフィギュアやイラスト、写真などをシェアできるウェブベースの3Dレンダリングショーケースをローンチした。世界中のボーカロイドのファンコミュニティをターゲットにし、英語と日本語の両方で提供する。

バーチャルなフィギュアをオンラインで共有するには、これまでレンダリングアプリをデスクトップ上で起動させ、映像をキャプチャした後、映像をYouTubeのようなサイトでシェアするしか方法がなかった。Poynterのアプリは、ユーザが望むようにスクリーンを動かし、作品を見ることができるようにする。これはより楽しい体験だろう。

同社は、近い将来、人工知能技術のようなサービスとの統合を計画している。3Dモデルをユーザの口頭でのコマンドによりインターネット上で動かすことをできるようにしたいと考えている。同スタートアップのCEO竹内裕喜氏によれば、可能性のあるマネタイズモデルは、バナー広告とサイト上での販売から収益を得ることを考えているという。

同スタートアップは、2012年にローンチされた。東京のインキュベーター、サムライインキュベートのシード投資を受けている。

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------