台湾のスパム電話撃退アプリWhoscallが、香港の競合Studio KUMA Call Filter(小熊来電通知)を買収

by TechOrange TechOrange on 2015.2.13

studio-kuma-call-filter

台湾のスパム電話撃退アプリ「Whoscall」の開発元 Gogolook は11日、香港の同業競合アプリ「Studio KUMA Call Filter(小熊来電通知)」を買収したと発表した。同社の今年度のビジネス計画では、香港にリソース、開発プロダクト、技術を配置するとしている。Gogolook は2013年 LINE の親会社である Naver が買収、LINE whoscall として、スパム電話撃退機能が提供されることとなった。

<関連記事>

今回の買収金額を Gogolook は明らかにしておらず、Gogolook はこの買収を通じて東南アジアへの進出に照準を合わせる。事業部ディレクターの余致緯氏は、次のようにコメントしている。

今日発表した買収は、東アジア、韓国、日本からさらに一歩市場進出するマーケティング戦略の一部であり、2015年の重点項目の一つです。台湾では、Whoscall の DAU は300万人を超えました。来年には、東南アジアに市場フォーカスを拡大したいと思います。

今後、Studio KUMA の創業者である Stark Wong(王耀昌)氏は、Gogolook の技術顧問に就任する。しかし、Studio KUMA の会社本体や同社が持つ他のソフトウェアについては、買収範囲の対象とはなっていない。また、Whoscall は今後、香港に3〜5人のチームを常駐させるが、Studio KUMA と会社を合併する計画は無い。

Whoscall と Studio KUMA Call Filter を差別化する最大要素は、Whoscall が発信元を認識するのに対し、Studio KUMA Call Filter はかかってきた電話をブロックし自動切断する機能にある。両者は相互補完する関係にあり、今後かかってくる電話に対する品質精度を高めたいとしている。両アプリとも無料でダウンロードできる。(WhoscallStudio KUMA Call

【原文】

【via TechOrange】 @TechOrange

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------