インドのテック業界5つの有力予想、その成長は続くのか?〜Asia Leaders Summit 2016から

Tech in Asia by Tech in Asia on 2016.2.29

asia-leaders-summit-2016-indian-startup-scene-panels

これはインドネシア・バリ島で開催された、Asia Leaders Summit 2016 の取材の一部だ

インドは今、世界一ホットなマーケットだ――3人のインド人投資家とインド大手メディアの代表はそう主張する。Asia Leaders Summit で1月28日、その4人が登壇した。

モデレーターを務めたのはリブライトパートナーズの蛯原健氏。開会に先立ち、パネリストの主張を裏付けるような事実で口火を切った。

今、インド経済は10年前の中国とちょうど同じ規模で、類似の成長曲線を辿っています。おそらくこれから数年で日本経済はインドに追い抜かれるでしょう。さて、インドは成長を続けていますが、中国は不振が続いています。シリコンバレーでは外国人起業家の33.2%がインド出身で、他の国々に比べずば抜けています。アジアのユニコーン企業のうち30%はインドの企業です。

蛯原氏自身が代表を務めるベンチャーキャピタル、リブライトパートナーズはインドで多数の投資を行ってきた。これまで投資してきた中にはニュースキュレーションサービスを提供する Inshorts や、ビッグデータ解析のスタートアップ企業 Tookitaki もある。また、2015年4月には2,000万米ドルのインド向けファンドをローンチした

登壇したパネリストは、IvyCap Ventures の Vikram Gupta 氏、NASSCOM の Rajat Tandon 氏、GHV Accelerator の Vikram Upadhyaya 氏、それにインドのテック系メディア YourStory のマーケティング VP を務める Kirti Punia 氏の4人だ。

蛯原氏は4人に対してイエスかノーかで答える質問を投げかけ、話を引き出した。そしてインド市場の未来に関して多くの、有力で非常に具体的な予測を得た。さて、この予測は当たるだろうか。

1. 今年、ベンチャーキャピタル投資はさらに増えるか?

2015年はインドにとって、スタートアップ投資という意味では特別な一年だった。当 Tech in Asia で記録していたところでは、昨年のインドにおけるスタートアップ投資の総額は79億米ドルである。4人のパネリストによれば、この金額は今年覆されるという――2016年は経済全体が冷え込むと予想されているにもかかわらず、である。

2. 今後3年以内にインドのテック企業がアメリカ市場で IPO するか?

すでに新規株式公開している企業もいくつかある。そのため、4人はこの質問にもはっきりと「イエス」と答え、特にエンタープライズ IT において強みがあることを指摘した。NASDAQ 上場のインド系テック企業の例としては、旅行分野の e コマースサイトを運営する MakeMyTrip Infosys Mindtree などがある。

3. 今後2年以内に10億米ドルを超えるイグジットがあるか?

4人のうち3人がイエスと回答し、2015年最大の取引が4億米ドル規模の Snapdeal による Freecharge 買収だったことを挙げた。また、2016年にはさらに巨額の M&A が行われる可能性が間違いなくあるという。

4. 30年以内に、インドのIPOおよびIPO前企業の総評価額が中国を上回るか?

これを予測するにはどのパネリストも深く、集中して考えなければならなかったが、熟考の末、可能だと予測した。インドは急速に人口が増加しており、英語圏の中ではすでに世界第2位の規模であるためだ。これは中国に対して非常に有利な点である。そのため、「30年後にはこの質問は意義をなさないかもしれない」という軽口も聞かれた。

5. 今年、Uber は市場占有率において Ola Cabs を上回るか?

この答えには驚かされた。ほとんどのパネリストが Uber の勝利を予測したのである。インドの Ola Cabs は、現在のところはまだ最も有利な立場にあると考えられているが、アメリカ企業である Uber はこの地元企業に急速に迫りつつある。討論の早い段階では、東南アジアに投資を集中させているベンチャーキャピタリストのパネリストらが、地元競合の Grab が最終的には Uber を上回るとかなりの確信をもって予測していた。

(左から)パネリストのKirti Punia氏(Yourstory)、Vikram Gupta氏(IvyCap Ventures)、Rajat Tandon氏(NASSCOM)、Vikram Upadhyaya氏(GHV Accelerator)と、モデレーターの蛯原健氏(リブライトパートナーズ)

(左から)パネリストのKirti Punia氏(Yourstory)、Vikram Gupta氏(IvyCap Ventures)、Rajat Tandon氏(NASSCOM)、Vikram Upadhyaya氏(GHV Accelerator)と、モデレーターの蛯原健氏(リブライトパートナーズ)

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

Tech in Asia

Tech in Asia

Tech In Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するため、2011年に設立。 インターネット・コミュニティ、とりわけ、アジアの発展に貢献すると考えている。月間140万ページビューを誇り、最も速く成長を遂げるウェブサイトの一つである。 読者は、主に起業家、マーケッター、企業の重役、学生など。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース