Uberが、中国国外の中国人旅行者向けにAlipay(支付宝)決済の受付を開始

by Tech in Asia Tech in Asia on 2016.5.19

Image credit: Chinese Tourists.
CC BY-NC 2.0: via Flickr by Chinese Tourists

Uber と Alibaba(阿里巴巴)がスピンオフしたモバイル決済サービス Alipay(支付宝)は本日(5月3日)、配車サービスを利用する中国人旅行者が世界中のどこでも Alipay で運賃を支払うことが可能なジョイントプログラムのローンチを発表した。

初めてこの話が出たのは2月、Uber が中国本土のユーザは Alipay アカウントを使って香港、マカオ、台湾で運賃の支払いが可能になると発表した時だ。今回のニュースでは、Uber がサービス展開している世界の400以上の都市全てへと適用地域が広がった。

Alipay は、Alibaba  が一部所有する子会社 Ant Financial(螞蟻金融)が運営している。4億5,000万以上のアクティブユーザを誇る中国最大の決済アプリで、つい最近シリーズ B ラウンドで45億米ドルという巨額の資金を調達したばかりだ。

以前は、中国人が海外で Uber を利用する場合には海外で発行されたクレジットカードを使わなければならず、もしくはUber ドライバーが現金を受け取るインドなどでは外貨で支払う必要があった。

この提携には2倍の価値がある。Alipay はすでに Uber アプリに統合されているので、中国人ユーザが通常使っている方法で使用できる。また、国外においては Alipay アプリ内で Uber 配車ボタンが表示されるようになる。

長引く争い

今回の Uber と Ant Financial の提携は、Uber とその中国最大のライバル Didi Kuaidi(嘀嘀快的、Ant Financial を支援している Alibaba が投資)との世界的争いの一環だ。両社は中国本土を出て国外のローカルパートナーと提携しているだけではなく、海外を旅行する中国人旅行者にも目をつけている。

Didi は先日、アメリカを拠点とする Lyft との提携を発表し、中国人ユーザは Didi アプリ内で Lyft 配車サービスを利用できるようになった。また、同社はインドの Ola、東南アジアの Grab とも提携している。

一方、Uber は他の配車サービスアプリと直接提携することを避け、海外ユーザのために同社サービスをよりスムーズでシームレスなものにしようと取り組んでいる。最も大きな取り組みの一つが決済であり、この最新の動きはソリューションに向けた一歩である。

海外で運賃の支払いに戸惑っている Uber ユーザは中国人だけではない。同社はまだ計画段階だがインドの Paytm に対するサポート拡大も発表している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------