Startup Leadership Program(SLP)東京チャプターの2015-2016クラスが修了、高評価6サービスを紹介

Masaru IKEDA by Masaru IKEDA on 2016.3.14

slp-2016-all-presenters

Startup Leadership Program (SLP)は2006年にアメリカ・ボストンで始まった起業家育成プログラムで、日本では2013年の上陸から数え3期目を迎える。2015年-2016年クラスには13人の起業家(フェロー)や23のスタートアップが参加したが、彼らが約半年間で11回におよぶメンタリングを終えた成果を披露する Presentation Day が3月上旬、都内で開催された。

他の国の SLP と比べて、SLP 東京チャプターが特徴的なのはメンターに加え、ヒアリング相手に大企業を迎えているところだろう。今回の SLP でもエーザイ、J-WAVE、日本経済新聞、日本マイクロソフト、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ、富士セロックス、ヤフーが、参加フェローやスタートアップとの協業や投資の可能性を探るべく顔を揃えた。参加フェローやスタートアップと大企業との間でのディスカッションは非公開となっているため、本稿では扱わない。13人のフェロー、23のスタートアップの中から、メンターらが特に素晴らしいと評した6チームを紹介したい。

ビタリー by ビタリー

和波利久氏(Lean Startup Japan)、貝沼篤氏(アクセンチュア デジタル コンサルティング本部)による評価

slp-2016-vitaly

Slack はフロー型のコミュニケーション・ツールであるためタスク管理には向かないが、Slack と連携可能なタスク管理ツール「Vitaly(ビタリー)」により、ビジネスパーソンの労働生産性を向上させる。ユーザ毎にインターフェイスが最適化されており、自分が何をすればいいかを明示的に把握することができる。

歴食

飯野将人氏(Learning Entrepreneurs Lab)、井上裕太氏(TBWA\HAKUHODO\QUANTUM)による評価

slp-2016-rekishoku-1

slp-2016-rekishoku-2

歴食.jp」は武将や文豪などが愛した食事、日本全国の「歴史的なストーリーを有した食事」を紹介するサイト。人々に地域の食のルーツや歴史を知ってもらうことが狙い。地域の連携により、日本の食の新ジャンルとして日本の内外に情報発信する。将来的にはアプリを開発し、歴食が食べられる飲食店を検索できる機能を実装する計画だ。

ワントリップ by オモロー

高瀬昇太氏(Blincam)、堤孝志氏(Learning Entrepreneurs Lab)による評価

wantrip_logoペットを一緒に履行に連れて行きたい、ペットが心配で旅行に行けないというニーズを狙った口コミポータルとマッチングプラットフォーム「ワントリップ」を展開。

「ワントリップ」で、「ペットのことを心配せずに、安心して旅ができる!」というビジョンを実現させる。

Call Connect by Selfree

黒田敦史氏(ブリリアントソリューション)、竹川祐也氏(CyberAgent Ventures)、伊藤健吾氏(Genuine Startups)による評価

callconnect_screenshot

Call Connect」は Twilio と連携し、フリーダイヤルや一般電話回線の番号を取得。5分間で電話によるカスタマーデスクが立ち上げられるクラウドサービス。顧客からかかってきた電話についてクラウド経由でやりとりできるため、複数のカスタマーデスク担当者によるリモートワークが可能。通話録音、メモ、IVR(音声自動応答)の各機能が使えるほか、Slack・Zendesk・Backlog などサポートタスク管理ツールとの連携も可能。

QU by キューユー

松田崇義氏(DGインキュベーション)、高野秀敏氏(キープレイヤーズ)による評価

qu_screenshot

キューユーは、今一番安いガソリンスタンドが見つかるモバイルアプリ「QU」を開発中。CGM によりユーザからガソリンの店頭販売価格情報を集め、それを自社アプリと API で外部にも提供する予定。5月前後にアプリをローンチし、当初はキューユーの本拠地である愛知県限定でサービスを開始する予定だ。

職人さんドットコム by 職人さんドットコム

shokunin-san-dot-com_screenshot

山口豪志氏(54)、坂井田大悟氏(アクセンチュア デジタル コンサルティング本部)による評価

職人さんドットコム」は、建設現場で働く職人さん(技能労働者350万人)を対象にした無料ポータルサイトを運営。

プロショップ検索では、土地勘のない建設現場で資材や工具が必要になったりした場合、それらを調達できる店を探し出し、電話番号、住所、営業時間、駐車場、トイレの有無などの情報を掲載している。

GPS 連動で現場から店までのルートを地図上に表示する。


slp-2016-sean-k

ショーンKこと、ショーンマクアードル川上氏

Presentation Day の最後には、15年以上にわたり J−WAVE で起業家らを紹介する番組「MAKE IT 21(メイク・イット・トゥエンティーワン)」の MC を務めるショーンマクアードル川上氏が登壇。大企業とスタートアップのコラボレーション事例が増え、リーンスタートアップ的なアプローチが日本にも根ざしてきたことを感じていると述べ、SLP のこれまでの活動についても高く評価した。

<関連記事>

slp-2016-broaderview

Masaru IKEDA

Masaru IKEDA

1973年大阪生まれ。インターネット黎明期から、シンクタンクの依頼を受けて、シリコンバレーやアジアでIT企業の調査を開始。各種システム構築、ニッポン放送のラジオ・ネット連動番組の技術アドバイザー、VCのデューデリジェンスに従事。SI、コンサルティング会社などを設立。Startup Digest(東京版)キュレータ。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース