Staffjoy が120万ドルを調達、スモールビジネス向けにシフト管理アプリケーションを開発

Ken Yeung by Ken Yeung on 2017.1.11

VB Insightは、VentureBeatが提供するマーケティングテクノロジーに特化した企業向け有償レポートです。日本語版は、サンフランシスコのクリエティブ・エージェンシーbtraxが提供しています。詳しくはこちらから。

Image Credit: Staffjoy

Image Credit: Staffjoy

Staffjoy2015年に創業し、スモールビジネス向けに時間単位の従業員のスケジュール管理を改善するテクノロジーを提供している。本日、同社は提供製品の次のフェーズに入ったことと、Caffeinated Capitalの主導による120万ドルのシードラウンドを終えたことを発表した(編集部注:原文掲載1月10日)。

今回のラウンドには、Brainchild HoldingsとHaystack Fundも参加している。

Staffjoyは、Andrew Hess氏 とPhilip Thomas氏がセントルイス・ワシントン大学に在学中に取り組んだアルゴリズムプロジェクトから生まれたものだ。現在の製品は、従来シフトワーカーを手動で管理するプロセスの改善に挑戦するものだ。従業員は就業可能時間を毎週入力する。すると、システムのアルゴリズムが計算と割り当ての仕事を行い、フルタイム・パートタイムにかかわらず、各日にちに適量の従業員がいることを確実にする。

Staffjoyによると、テキストメッセージのボットを使って従業員にその週の新しいスケジュールを送るウェブアプリと、その他の関連のアップデートによってシステムを改善したとのこと。従業員は、いつ仕事をするのかを確認するためにアプリをダウンロードする必要がなくなる。

創業者のThomas氏は次のようにコメントしている。

私たちが行ったユーザーリサーチによると、これほど多くの会社がシフトを組むのに紙やスプレッドシートを使っている理由として、従業員がスマホもEメールでさえも使っていないということがわかりました。私たちはテキストメッセージが、従業員の利用を促す最高の方法であることを発見しました。実際、多くのマネージャーが既存のスケジュールアプリのスクリーンショットを撮って、チームのメンバーにテキストメッセージでそれを送っていたのです。

今回のシード投資によって、Staffjoyは成長をより加速することができるだろう。同社は、今ではクローズしているY Combinatorのフェローシップクラスの初回参加者の一つだ。これまで、2015年に1万2000ドルをY Combinatorから調達し、昨年はブリッジラウンドで非公開額を調達している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

Ken Yeung

Ken Yeung

VentureBeat のスタッフライターで、ソーシャル企業やテックイノベーションを取材。以前は、Orange Silicon Valley や The Next Web でベイエリア特派員を担当。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース