中国共同購入大手のMeituan(美団)7月に1500万米ドルの売上を記録

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

共同購入サイトMeituan(美団)のWang Xin(王興)氏によると、Meituanは本年7月、記録的な売上を計上し、前月比20%増の1億人民元(約1560万米ドル)もの記録的な売上を計上した。

Meituan は昨年度、合計2億3000万人民元(約3600万米ドル)もの売上を計上しているが、本年度の数値は16億人民元(約2億5000万米ドル)を超過するものとみられている。

Wang 氏は、ネット業界では著名な氏であり、複数の事業を受け持つ起業家でもある。彼は、中国では初めてとなった twitter に類似したサービスFanfou.com(飯否)を立ち上げ、また、Xiaonei(校内)を買収しその後Renren(人人)へと正式名称変更を実施した。

Wang氏は共同購入サイトの数は1年半前から減少し続けていると言う。彼の意見では共同購入サイトの第一位が全体の70パーセントを占め、第二位が20パーセント、他のサイトが残り10パーセントをめぐって争うだろうと述べている。

インターネットデータ研究会社のHitwiseによると、Meituanのトラフィックは、LashouとTaobao(淘宝) Juhuasuan(淘宝聚划算)に次いで第三位だが、ローカルサービスに関しては第一位だという。たとえば同社のグルーポンライクのサービスでは全体で一日あたり約300ディールで10万オーダーを誇るという。

先月、MeituanはシリーズBで5000万ドルの資金調達を行ったと発表した、投資したのはAlibaba、Northern Light Venture Capital、Walden InternationalとSequoiaだった。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------