日本の携帯向け広告会社Medibaがシンガポールオフィスを開設

by Rick Martin Rick Martin on 2011.10.26

【翻訳 by Conyac】 【原文】

日本のKDDI傘下の広告企業Mediba Inc.は、シンガポールオフィスを開設すると先日発表した。この動きは、急速に成長を遂げているアジアのスマートフォン市場において、同社の事業サービス展開に対応してのものだ。

今回のリリースによれば、同社は、韓国、中国、インドネシア、そしてインドなどにも拠点を開設することを視野に入れている。これはもちろん、日本のインター ネット企業が日本国外でのスマートフォン市場の魅力に誘われて、海外に視点を向けている動きの一つで、この兆候は継続すると見られる。

Penn Olson では、Medibaが東京の広告系スタートアップのNobotを15億円(約2000万米ドル)で買収したことを今夏伝えた。7月に、Nobotの代表である小林清剛氏にインタビューをおこったが、その内容はここから読むことができる。

熱心な読者なら、先日書いた、ミログが自身のApplogサービスを利用してAndroidユーザーのデータを収集していたとの記事中、Mediba について触れたことが記憶にあるだろう。ミログは、Mediba にサポートされており、Mediba は前述のアプリが収集したデータによって多くの利益を得ている。

【via Penn Olson 】 @pennolson

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------