Gumiと新生銀行、中国とシンガポールのゲーム開発会社向けにファンドを設立

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2012.7.18

【原文】

東京を拠点とするソーシャルゲーム開発会社のGumiは、新生銀行をパートナーとして中国とシンガポールのゲーム開発会社向けのファンドを設立したと月曜(6月30日)に発表した。日本の経済紙である日本経済新聞によれば、資金は北アメリカコンシューマー向けのアプリケーションやゲームを開発することを目的としたデベロッパーに投資することを目的にしているという。今後2年間で、Gumiと新生銀行は10〜15社に対し、約1,000~3,000万円(12万5,000米ドル~37万5,000米ドル)を各社に投資する予定だ。Gumiは5,000万円を、新生銀行は3億円(375万米ドル)を資金として投入する。

Gumiは4月にシンガポールに現地子会社を設立し、David Ng Meng Wahを社長に任命した。彼は以前、Electric Arts APAC及びマレーシアの複合会社Dijayaで重役を前任している。

同社の設立者であり、CEOである國光宏尚氏は、同氏のベンチャーが世界のゲーム市場においてトップのソーシャル系開発企業となることを目指しており、(今回の)投資は人気を獲得する可能性の高いゲームタイトルと有能なリソースを各国で獲得するという両社の戦略の1つであると語っている。

新生銀行は、元々は約60年前に設立された長期信用銀行であったが、経営破綻して1998年に国有化された。その後民営化され、2000年にアメリカに拠点を置く投資会社のRipplewoodによって買収され、現在の株主の大半は日本以外の機関投資家である。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------